「イルカ」に関連する現地ガイド記事

「イルカ」に関連する現地ガイド記事

イルカに関する現地ガイド記事を集めました。イルカの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

映画「マンマ・ミーア!」の舞台スコぺロス島、地中海アザラシの住むアロ二ソス島へ!

[2017/04/22] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャに住む地中海アザラシについては長い歴史があります。ホメロスは「オデュッセイア」で、またアリストファネスもアザラシについて記述しています。この絶滅危惧種に指定されている地中海モンクアザラシをはじめとして、海底植物、赤珊瑚、野生動物などの保護のため、アロニソス島周辺の海は1992年から国立海洋公園として保護されています。アザラシは人間を避けますが、運がよければ見れることがあるそうです。イルカも、この海域を通るフェリーなどからは、特に頻繁に見ることができます。 続きを読む



モルディブの手が届くラグジュアリー、アマリ・ハヴォダをおすすめする理由

[2016/11/20] 古関千恵子

比較的新しくリゾートがお目見えしたガー・アリフ環礁に2016年2月オープン! 周囲はイルカが暮らすエリアで40頭もの群れの目撃談も。またハウスリーフが上質なことで知られ、約1時間半かけて一周するスノーケラーもいるほど(到着の桟橋付近の海がオススメ)。ちなみに、島のサイズは250×800メートルで、歩いたら一周約25分。タイを中心に展開している“アマリ”ブランドの一員で、ホテルランク的には4ツ星プラス。けれど、「実質は5ツ星の“アフォーダブル・ラグジュアリー”(手の届く贅沢)」との声も。ハネムーン… 続きを読む



無人島を所有する、ガーアリフ環礁のリゾート「ザ・レジデンス・モルディブ」

[2016/09/22] 古関千恵子

ガーアリフ環礁の東側に位置する、全長約1キロ、幅約120メートルのファルマフシ島に2012年オープン。ハネムーナーに人気の、モーリシャスやザンジバルに展開するラグジュアリー・リゾート。比較的新しくリゾートが誕生している環礁なので、手つかずの自然がたっぷり。イルカの出没率が高く、スノーケリングでの目撃談も(ちなみに、フィン・マスクはレンタル代無料)。しかも、リゾートが所有する無人島のキャスタウェイ島では、ピクニックやスペシャルディナーのアレンジもOK。2016年末にはファミリー向けの姉妹リゾートが… 続きを読む



貴重な体験!幻想的な夜の海で野生のマンタレイ(大きなエイ)達と出会う

[2016/06/24] 綱島モミ

夜のマンタのツアーは多くの会社が行っています。「マンタ大学夜学部」のツアー日本語ガイドがつきますし、ホテルまでの送迎付きプランとホノコハウハーバー集合プランがあります。昼間はイルカのツアーをしているこの会社のコンセプトは自然を教室に見立て、マンタやイルカを先生と呼んでいます。確かに海は彼らのフィールド。私たちがそこにお邪魔して学べることはたくさんありそうですね。夜の海という異世界、マンタ先生の華麗な授業をどうぞ体験してみて下さい。 続きを読む



海洋保護区にある海中展望塔で、手つかずの魚の楽園におじゃま!

[2016/05/08] NEMO

☆FISH EYE MARINE PARK(フィッシュアイ マリンパーク)☆アクセス:タモン湾の各ホテルからは車で約18分(タクシーなら料金40USD程度。TEL:671-475-7777入場料:12USD(約1400円) ランチバイキングやイルカウォッチング、ポリネシアンディナーショーなどがセットになったオプショナルツアーは送迎も付てお得。ツアー詳細はhttp://www.fisheyeguam.com/index.html.jaをチェック。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 イルカ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。