「インテリア」に関連する現地ガイド記事

「インテリア」に関連する現地ガイド記事

インテリアに関する現地ガイド記事を集めました。インテリアの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

センテンドレで見つけた美味しいハンガリー料理のレストラン

[2018/04/17] Hiromi

この中央広場から、今やって来た駅からの道も含めて5本の道が不規則に延びている。どの道にも小さな土産物店が並んでいるので、散歩しながら一軒ずつ覗いていくのは楽しい。センテンドレの建物はほとんどが赤い屋根の2階建。こぢんまりとした可愛らしい町並みだ。5本の道を全部散歩しても2〜3時間くらいで回ってしまう。途中で気に入ったレストランを見つけたら入ってみるのもよいが、中央広場に面したエリザベス・エテレムはお薦めしたい店の一つだ。十字架の目の前にあり、中央広場を眺めながらの食事は最高に気持ちがいい。レスト… 続きを読む



キャッオンデリバリーで便利!観光中にの一休みにお勧めカフェ

[2018/03/28] 鈴木美佐子

この数年大きくチェーン展開が進んでいるのはSandwichez。第一号店が2010年にオープンして、現在では約20店舗になるほどの人気です。ナチュラルなインテリアが特徴でゆったりとした時間を過ごせます。WIFIはフリーで、コンセントもあるので充電するにも便利!コンピューターを開いて長時間する人も見かけられます。なによりもお勧めはその場で作ってくれるフレッシュ ジュース。オレンジと人参、リンゴのオリジナルジュースZUMO CHEZが一番の人気のようです。食事はサンドイッチなど軽食、サラダなどが食べ… 続きを読む



世界一美しいと謳われたカフェ・ニューヨーク、今も健在

[2018/03/19] Hiromi

ブダペストは知る人ぞ知るカフェ文化の街。ウィーンのカフェ文化はよく知られているが、それと似た文化がブダペストにも見られる。ヨーロッパでカフェが流行り出したのは19世紀頃からで、特に19世紀末にはどこの都市にも続々とカフェが出現し、その街独自の文化を形成していった。パリのキャフェは若き政治家たちの溜まり場となり、市民革命の拠点となっていった。これに対してロンドンのコーヒーハウスはジャーナリストたちが集まり、ウィーンのカフェは作家たちが文学論を交わす場所になった。19世紀後半、ハンガリーはオーストリ… 続きを読む



プラハの劇場巡りは、まずモーツァルトゆかりのエステート劇場から

[2018/03/17] 岸 博美

最初にお薦めしたいのがエステート劇場だ。旧市街広場からジェレズナー通りをヴァーツラフ広場方面に向かって真っすぐ歩いて行くと左手に現れる。ここはオヴォツニーOvocny広場と呼ばれ、かつて果物Ovocnyの市が立っていた。淡いグリーンが入った細長い建物は、一見これが劇場とは思えないほどこぢんまりとしている。外観から想像できるように内部もこぢんまりしており、客席はわずか840という小劇場である。しかし国立歌劇場や国民劇場が19世紀後半に建設されたのに対し、その100年も前の1783年に建てられたこと… 続きを読む



誰もが憧れる一度は泊まってみたいホテル・ザッハー・ウィーン

[2018/03/14] Hiromi Okishima

ホテル・ザッハーは国立歌劇場の真裏にある。ここに泊ったら是非、夜はオペラ鑑賞に出かけよう。ホテルの横はケルントナー通り。最高に立地条件の良いホテルだ。赤いユニフォーム姿のドアマンににこやかに迎えられて中に入ると、真っ白な大理石のロビーが現れる。うつむいた天使像はいつもこの場所、ロビーの真ん中に置かれている。そのまま真っ直ぐ進めば豪華なインテリアの広間があり、その奥にブルーで統一された「青のサロン」と呼ばれるバーがある。ロビーの右手、エレベーターの手前に赤いギャラリーがあり、たくさんの写真が飾られ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 インテリア」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。