「インド、陶器」に関連する現地ガイド記事

「インド、陶器」に関連する現地ガイド記事

インド、陶器に関する現地ガイド記事を集めました。インド、陶器の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

在住者の筆者がオススメする砂漠の中の聖地ラジャスタン州のプシュカルの歩き方

[2015/11/20] 溝内みな

プシュカルは、ジャイプールから車で2時間半ほどに位置した小さな村です。インド人にとっては、極めて珍しいご本尊にブラフマー神を祀ったブラフマー寺院の参拝とプシュカル湖での沐浴とプージャーと呼ばれる儀式の執り行いを目的とした聖地巡礼の場所であります。特筆すべきは、プシュカル全体が、ベジタリアン村になっていることです。外国人旅行者は欧米人を中心に人気で、滞在の目的は、ヨガ、瞑想、インド伝統楽器の習得、キャメルサファリ、お洋服や雑貨の購入などさまざまです。今回はプシュカルの魅力を在住の筆者がご紹介します… 続きを読む



テムズ河の要塞ロンドン塔のすぐ側!セント・キャサリン・ドックス

[2009/04/20] ディキンソン恵子

St. Katharine Docks(セント・キャサリン・ドックス)は、世界遺産であるTower of London(ロンドン塔)に隣接するウォーターフロント。でもビルなどの後ろに隠れているために見逃されてしまう、ギャラリー、ショップ、レストランやバーの集まる素敵な穴場です。ロンドン塔を見学するのなら、セント・キャサリン・ドックスにもぜひ寄り道してみてください。タワー・ブリッジの隣にある、Thistle Tower Hotel(シスル・タワー・ホテル)の後ろ側にいくと、ビルの合間にセント・キャ… 続きを読む



激安でかわいい!アクセサリーとインド陶器をプシュカルで

[2009/02/03] 鈴木千晶

ラージャスターンのプシュカルは、ヒンドゥー教の有名な聖地であるとともに、外国人観光客にも大変人気の町。雰囲気の良さと、小規模な町のつくりがのんびり滞在するのにうってつけ、というわけで、2〜3日の短期滞在から数カ月にわたる長期滞在まで、たくさんの外国人が訪れます。旅行者向けのレストランやゲストハウスなどの他に、外国人向けの安くてキュートなグッズを売るお店がた〜くさん! そう、プシュカルの魅力の一つは実は、ショッピングなのです! 今回はアクセサリーとインド陶器のおすすめショップをご紹介いたします。 続きを読む



「ザ・ショップ」にて、モダンでちょっと高級なインドグッズを!

[2008/12/11] 鈴木千晶

ニューデリーのコンノート・プレイスは、昔からあるちょっと高級な雰囲気のマーケットで、日本で言うとちょうど銀座のようなショッピングエリア。近年は若者向けのお店やおいしいレストランなども増えて、ますます使いやすいエリアになってきています。今回おすすめしたいお店は、そのコンノート・プレイスのすぐ近くにある「ザ・ショップ」(The Shop)。インド的なテキスタイル製品や、小物などが手に入る超おすすめショップです! 続きを読む



マドレーヌ広場の老舗食品店でグルメからショッピングまで満喫!

[2008/12/09] 夏樹

もうそろそろやってくるクリスマスのお買い物で、マドレーヌ広場周辺が賑わい始めています。毎年この時期になると、すぐ近くのオスマン大通りのギャラリー・ラファイエット百貨店とプランタン・デパートでは、踊ったり、パレードする機械仕掛けの人形やぬいぐるみがウィンドーにディスプレーされるのが恒例。学校の放課後や週末、子どもたちが押し掛けて、ガラスに鼻をぴったりくっつけて見入っている可愛い姿がみかけられます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 インド、陶器」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。