「ウィーン、オペラ座、住所」に関連する現地ガイド記事

「ウィーン、オペラ座、住所」に関連する現地ガイド記事

ウィーン、オペラ座、住所に関する現地ガイド記事を集めました。ウィーン、オペラ座、住所の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

黄金に輝く葉っぱを踏みしめて散歩する秋のシェーンブルン宮殿

[2017/10/02] バレンタ愛

ウィーンを代表する観光地、世界遺産にもなっているシェーンブルン宮殿。ハプスブルグ家の夏の離宮であり、今では世界中から季節を問わず観光客が訪れる場所となっています。春には色とりどりの花が庭園中に飾られ、新緑の緑が美しく、初夏にはウィーンフィルのサマーコンサート、冬にはクリスマスマーケットとイベントも行われますが、お散歩する時期として外せないのが秋の紅葉シーズン!ヨーロッパの紅葉はあまり鮮やかな赤がなく少し淋しい気もしますが、紅葉時期のシェーンブルンの庭園は黄金の葉の絨毯が敷き詰められ、黄色からオレ… 続きを読む



ウィーンでお薦めしたいホテル、パークホテル・シェーンブルン

[2017/09/30] Hiromi

650年近く続いたハプスブルク家の拠点だったウィーン。市内にはあちらこちらにハプスブルク家ゆかりの宮殿や離宮、館が点在している。音楽の町として知られるウィーンには超一流の歌劇場やコンサートホールがある。見どころの多いウィーンであるが、観光客が必ず訪れるであろうスポットが王宮ホーフブルクとシェーンブルン宮殿。どちらも歴代オーストリア大公や皇帝の居城だった。ホーフブルクは旧市街のど真ん中にあり、皇帝の居室だったカイザーアパートメントやハプスブルク家のコレクションが展示されている宝物殿、銀食器博物館な… 続きを読む



ウィーン中心地で世界のトップブランドが揃う!洗練されたデパートメントストア「Steffl」

[2017/04/20] バレンタ愛

ウィーンの中心地、シュテファン寺院からオペラ座までのメインストリート、ケルントナー通り沿いにある大きなデパートメントストア「Steffl」。その名前はウィーンのシンボル、シュテファン寺院の愛称でもあります。それくらいウィーンの人々にも親しまれているお店なのですが、改装を重ね洗練されたショッピングスポットとして観光客にも人気です。地下1階から地上7階建ての建物の中には素敵なお店が詰まっているほか、最上階にはカフェ・レストラン、バーが入っています。ウィーンでショッピングをするなら外せない場所の1つで… 続きを読む



カフェGerstnerとスパークリングワインのカフェが宮殿内にOpen

[2016/05/27] バレンタ愛

Gerstnerと言えば歴史あるカフェでウィーンのメインストリート、ケルントナー通りや、マリアヒルファー通りのデパートメントの中、またオペラ座内や楽友協会、王宮などにもケータリングをしていたりとウィーンを代表するカフェの1つです。そんな老舗カフェがPalais Todesco内にオーストリアのスパークリングワインSchlumbergerとコラボしたカフェK. u. K. Hoflieferanten - Gerstner&Schlumbergerを2014年Openさせました。 続きを読む



トルコ軍の襲来で強化されたウィーンの市壁、その跡地リング通り

[2016/05/18] オキシマ・ヒロミ

ヨーロッパ諸都市で中世に築かれた市壁はどこの町でも近世になって取り除かれ、跡地は緑地帯や大通りになっている。そのような数ある市壁跡の大通りの中で、ウィーンほど美しい通りはないであろう。ほとんど輪のように丸くなっており、その名もリングと呼ばれている。リングは城のある場所ではブルク(城)リング、大学の前はウニヴェルズィテーツリング、オペラ座の前はオペルンリング、と部分的に名称が変わる。19世紀半ばに18歳という若さで皇帝になったフランツ・ヨーゼフの時代にこの環状大通りが建設された。しかし、この美しい… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウィーン、オペラ座、住所」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。