「ウィーン、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

「ウィーン、チョコレート」に関連する現地ガイド記事

ウィーン、チョコレートに関する現地ガイド記事を集めました。ウィーン、チョコレートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

レーゲンスブルク、お勧めのお土産

[2017/02/26] 吉村 美佳

今回は、レーゲンスブルクのお土産のヒントとなるお店を5つ紹介します。まず、ドイツ最古の喫茶店*、カフェ・プリンツェスのチョコレート。食べてみるとびっくり!何層にもなっていて、手が混んでいるんです。特にクリスマス前2〜3週間は、長蛇の列。ということは、やはり一度は食べてみたいですね。店内は、1階がチョコレートなどの売り場、2階がカフェです。夏は、テラス席がいつも満員。チョコレートを1階で注文すると、2階の喫茶店でコーヒーと一緒に運んでもらえます。カフェは、1686年営業開始。お店の向かい側は、当時… 続きを読む



「美味しいものとお土産」にこだわったテイスティング&ショッピングスペシャルツアー

[2013/01/15] バレンタ愛

「美味しいもの」にこだわって観光客や地元の人が参加するグルメツアーを催行するウィーンの美味しい物を知り尽くした会社が日本人向けにスペシャルグルメツアーをご用意しました。ガイドブックに載っていないお店、テレビで紹介されたお店、日本では珍しい物があるお店、在住の日本人お墨付きのお店、隠れ家的なお店など日本人の好みに合わせたチョイスを組み合わせ、ウィーンの街歩きも楽しみながら、美味しい物を食べ、しかも素敵なお土産まで買えてしまうという至れり尽くせりなツアー。そんなスペシャルツアーを紹介します。 続きを読む



特別な新しい部屋に生まれ変わったホテルザッハーへ!絶景テラスやスパもあり。

[2012/12/24] バレンタ愛

1876年にオープンし、149もの部屋とスイートルームを備える歴史的なホテルザッハー。ウィーンの旧市街の中にあり、オペラ座の向かいという抜群なロケーションに加え、書くまでもない伝統的な5つ星の高級ホテルです。2004年夏から始まっていたホテルの改装計画は2012年にひとまず終了しました。その中でも歴史的な改革は客室の改装。昔ながらのお客様は伝統的なインテリアを求め、それを保ちつつモダンな、かつエレガントな部屋に進化したのです。 続きを読む



マーケットや、カフェ、スーパーなどで春の訪れを感じられるイースターのウィーン

[2011/02/09] バレンタ愛

キリスト教圏でクリスマスと並んで大きな祝日で、十字架にかけたれたイエス・キリストがよみがえった事を祝う日とされているイースター。春分の日の後の最初の満月の次の日曜日がイースターになるので、毎年日付が変わる移動祝日です。2011年は4月22日がイースターサンデー。そして4月23日もイースターマンデーで祝日となります。そのイースターの祝日の前から行われるのがイースターマーケット。ウィーンでも色々な所でイースターの飾りが売られ、それぞれの家や店先が飾られます。 続きを読む



アールデコ様式の優雅なカフェで頂くとっておきのケーキ

[2010/11/10] ケイ

ハンガリーはスィーツの国である。ハンガリーには古くから独自の菓子があった。小麦粉を牛乳で溶いて薄く焼いたパラチンタはクレープのようなものだが外国から入って来たのではなく、昔からハンガリーで作られていた。杏子のジャムやカテージチーズを使った菓子も多い。こうした菓子は今も家庭で作られる素朴な伝統的ハンガリー菓子である。それに対し、カフェのショーケースに並んでいるケーキはウィーン顔負けの美しさ。ウィーンから入って来てブダペストで変化したケーキも多い。19世紀後半にオーストリア=ハンガリー二重帝国が誕生… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウィーン、チョコレート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。