「ウィーン、冬」に関連する現地ガイド記事

「ウィーン、冬」に関連する現地ガイド記事

ウィーン、冬に関する現地ガイド記事を集めました。ウィーン、冬の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

伝統的なコンサートハウスで世界トップクラスの音楽を楽しむ〜Wiener Konzerthaus〜

[2017/10/30] バレンタ愛

1913年に完成し、オペラハウスや楽友協会と並んでウィーンを代表する会場として、3つのホールを備え年間を通して数多くのコンサートが開催されているWiener Konzarthaus。完成時にはリヒャルト・シュトラウスがこけら落とし公演に「祝典前奏曲」作品61を制作し、フランツ・ヨゼフ帝の前で演奏した歴史ある会場です。またウィーン交響楽団、ウィーン室内管弦楽団などの本居地となっていて、今では毎年9月〜翌年6月の1シーズンに約750にもなるイベントが開催され、魅了されたたくさんの人が訪れています。 続きを読む



黄金に輝く葉っぱを踏みしめて散歩する秋のシェーンブルン宮殿

[2017/10/02] バレンタ愛

ウィーンを代表する観光地、世界遺産にもなっているシェーンブルン宮殿。ハプスブルグ家の夏の離宮であり、今では世界中から季節を問わず観光客が訪れる場所となっています。春には色とりどりの花が庭園中に飾られ、新緑の緑が美しく、初夏にはウィーンフィルのサマーコンサート、冬にはクリスマスマーケットとイベントも行われますが、お散歩する時期として外せないのが秋の紅葉シーズン!ヨーロッパの紅葉はあまり鮮やかな赤がなく少し淋しい気もしますが、紅葉時期のシェーンブルンの庭園は黄金の葉の絨毯が敷き詰められ、黄色からオレ… 続きを読む



トルコの詩人が残した町の遺産、南東アナトリアの豪邸

[2017/04/12] オキシマ・ヒロミ

住まいというものは国によって様々だ。同じ国でも地域によって異なる。住まいはその土地の気候に合わせて造られているので、建物の構造からその国の文化、その土地の環境を知ることができる。2015年に世界遺産に登録されたディヤルバクルは古くからイランやイラクと地中海諸国とを結ぶ交易の地だった。南東アナトリア地方でもとりわけ文化が栄え、商業も発達したので富を蓄えた者も多かった。分厚い市壁に取り囲まれた旧市街の中を散策していると、立派な邸宅に出くわすことがある。それらの殆どは博物館になって公開されている。その… 続きを読む



今年はクリスマスマーケットでスケートも楽しめる!市庁舎前のアイスリンクがクリスマスから登場!

[2017/01/15] バレンタ愛

オーストリアが一年で一番輝いている時期、それがクリスマス。ウィーンだけではなく各都市でたくさんのクリスマスマーケットが開催されますが、年々開催時期が早く、そして期間が長くなっています。街中にイルミネーションが設置され、お店やカフェのショーウィンドーもクリスマスの飾りでいっぱいになり、寒いけどワクワクするような雰囲気で街が包まれています。今年も市庁舎前(11月11日〜12月26日)、シェーンブルン宮殿(11月19日〜12月26日)、ベルベデーレ宮殿(11月18日〜12月26日)などウィーンの観光名… 続きを読む



ハンガリーの名門貴族、エステルハーズィ侯爵家冬の館

[2016/07/07] Hiromi

貴族と言えどもハンガリーの貴族には階級があり、くさり橋を架けたセーチェーニ伯爵やハイドンのパトロンだったエステルハーズィ侯爵などは最高位の大貴族だった。セーチェーニ伯爵はブダペストの至る所に足跡があり、エステルハーズィ侯爵はハンガリーの西端、そして今はオーストリア領になっているアイゼンシュタットなどに多くの足跡がある。エステルハーズィ宮殿として有名なのはハンガリーのショプロン郊外にあるエステルハーズィ夏の城である。広大な敷地の中に建つ大宮殿で、ハイドンも多くの年月をここで過ごしていた。しかし冬場… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウィーン、冬」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。