「ウィーン、大晦日、オペラ」に関連する現地ガイド記事

「ウィーン、大晦日、オペラ」に関連する現地ガイド記事

ウィーン、大晦日、オペラに関する現地ガイド記事を集めました。ウィーン、大晦日、オペラの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

伝統的なコンサートハウスで世界トップクラスの音楽を楽しむ〜Wiener Konzerthaus〜

[2017/10/30] バレンタ愛

1913年に完成し、オペラハウスや楽友協会と並んでウィーンを代表する会場として、3つのホールを備え年間を通して数多くのコンサートが開催されているWiener Konzarthaus。完成時にはリヒャルト・シュトラウスがこけら落とし公演に「祝典前奏曲」作品61を制作し、フランツ・ヨゼフ帝の前で演奏した歴史ある会場です。またウィーン交響楽団、ウィーン室内管弦楽団などの本居地となっていて、今では毎年9月〜翌年6月の1シーズンに約750にもなるイベントが開催され、たくさんの人が訪れています。 続きを読む



クリスマスマーケットをはじめとする冬のウィーンの楽しみ方

[2015/12/25] バレンタ愛

ウィーンの冬のお楽しみと言えばやはり一番はクリスマスマーケット。街中至る所でクリスマスマーケットが開かれ、寒くても華やかに街を彩ります。今年30周年を迎える市庁舎前のクリスマスマーケット(http://www.christkindlmarkt.at/)は11月14日〜12月24日。シェーンブルン宮殿(http://www.weihnachtsmarkt.co.at)では11月21日〜12月26日、そしてSpittelberg(http://www.spittelberg.at/)では11月13日… 続きを読む



音楽の都ウィーン!来シーズン2014/2015の劇場プログラム発表

[2014/09/03] バレンタ愛

音楽の都ウィーンというだけあって、年間を通じて様々な音楽プログラムが毎日ありますが、シーズンと言えるのは毎年9月から翌年6月まで。早くも来シーズンのプログラムが発表になっています。人気のある公演は発売と同時に売り切れという場合もあり。ウィーンに来て音楽プログラムを観たいという方は旅行の計画をする際に、是非ウィーンの音楽プログラムもチェック。今回はウィーンに3つあるオペラハウスの来シーズンのプログラムからポイントをピックアップします。 続きを読む



円高の今だからこそ!ちょっとリッチに楽しむオーストリア旅行

[2008/12/26] バレンタ愛

オーストリア、ウィーンと言えばやっぱりオペラや音楽などを思い浮かべる人も多いはず。旅行に来たら音楽に触れる人は多いと思いますが、セレブになった気分で一番良い席でオペラなどを楽しんでみてはいかがでしょう? 世界3大オペラ座の1つ、ウィーンにある国立オペラ座の一番良い席は192EUR! なんと3万円でお釣りがきちゃいます(大晦日など特別な公演の時は240EUR)。休憩時間もシャンパンなどを飲みながらたっぷりオペラ座を堪能して下さい。歌劇場内の豪華さ、一流の芸術の素晴らしさなど音楽の本場ウィーンを堪能… 続きを読む



ウィーンの庶民的な劇場で気軽にオペラやオペレッタ、ミュージカルを楽しもう!

[2008/11/07] バレンタ愛

ウィーンには今では3つのオペラハウスがありますが、ここVolksoperは2番目にオペラハウスになった劇場です。1898年にフランツ・ヨゼフ帝の即位50周年を記念して建てられた「皇帝記念市民劇場」でした。当時は演劇だけの上演でしたが、1903年からはオペレッタも上演されるようになり、1904年には「市民歌劇場(フォルクスオパー)」として国民に親しまれるようになった歌劇場です。そして第二次世界大戦後には壊された国立オペラ座の代わりに使われた事もあります。1955年、国立オペラ座が再建してからは音楽… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウィーン、大晦日、オペラ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。