「ウィーン、美味しい」に関連する現地ガイド記事

「ウィーン、美味しい」に関連する現地ガイド記事

ウィーン、美味しいに関する現地ガイド記事を集めました。ウィーン、美味しいの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

遡ればトルコのバクラヴァに辿り着くアップルパイ

[2017/11/02] オキシマ・ヒロミ

ドイツ語圏ではおなじみのアプフェルシュトゥルーデル。アップルパイのドイツ語圏版だが、皮がパリパリしているのではなく、全体にしっとりした感じだ。ドイツ語でアプフェルは林檎、シュトゥルーデルは渦を巻いた状態のもの。カットした林檎とレーズンをパイ生地でぐるぐる巻いてオーブンで焼く。一昔前までは、ドイツ語圏でケーキといえばこのアプフェルシュトゥルーデルが主流で、どこのレストランでもコース料理の最後にコーヒーと共に出てきたデザートだった。新しいケーキが次々に考案されていくので、最近はドイツ語圏で町のケーキ… 続きを読む



リンツァートルテならコンディトライ・ユインドラック

[2017/10/23] Hiromi

リンツァートルテをご存じであろうか。アーモンドの粉と薄力粉を半々近く混ぜあわせ、バターをたっぷり加えて焼いたサクサクしたケーキだ。オーストリア、ハンガリー、ドイツではメジャーで、フランスのアルザス地方でもよく見かけるケーキである。どこかで食べたようなサクサクしたケーキだが、オーストリアのリンツが発祥の地とされており、やはり本場リンツで食べるのが一番美味しい。そのリンツで、リンツァートルテの人気を独り占めしているのがコンディトライ・ユインドラック。大聖堂に近いヘレンシュトラーセの店が本店で、そのほ… 続きを読む



本場のトルココーヒーをウィーンで楽しもう

[2017/09/13] オキシマ・ヒロミ

トルココーヒーとは、特別な容器で粉ごと水から煮たてたコーヒーのことで、カップには上澄みだけを入れて飲む。ジェズヴェと呼ばれる専用の小鍋で沸かされるトルココーヒーには特有の伝統と文化があり、2013年にユネスコの世界無形文化遺産に登録された。ジェズヴェとはアラビア語からきたもので、長い柄を持った小さな鍋のようなもの。なかなか目にすることがないが、トルコへ行くとどこの町の市場でも形は同じだが大きさと素材が異なるジェズヴェが並んでいる。一般には銅製が多く、それは熱が伝わりやすいのでコーヒーをうまく淹れ… 続きを読む



本格タイ料理を市内中心部で楽しむ〜Patara - Fine Thai Cuisine 〜

[2017/09/02] バレンタ愛

ウィーンの中心地にあり、美味しい本格タイ料理レストラン「Patara Wien」。シュテファン寺院から徒歩すぐの便利なロケーションで、お店の中は広く内装にもこだわりの見えるお洒落な店内で、在住日本人にも人気です。こちらのレストランではトムヤムクンやパッドタイなどの本格タイ料理を豊富に揃え、地元の人にも大変親しまれています。 続きを読む



ウィーン市内にいながらリゾート気分を味わえる隠れ家的レストラン〜Klee am Hanslteich〜

[2017/07/25] バレンタ愛

ウィーン市内にありながら、緑に囲まれ、水辺でリゾート気分を味わえるレストランがあります。ウィーンの森の中、「この先に何かあるの?」というように道路からは全く見えませんが、地元の人は知っている隠れ家的レストランです。緑の木々に囲まれ、木をふんだんに使い、水辺に建つレストランは、広いテラス席、白いパラソル、水に反射する太陽も含めまぶしく映ります。池には野生の鴨などの水鳥が住み、レストランの周りにはのどかな時が流れています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウィーン、美味しい」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。