「ウィーン、証券取引所」に関連する現地ガイド記事

「ウィーン、証券取引所」に関連する現地ガイド記事

ウィーン、証券取引所に関する現地ガイド記事を集めました。ウィーン、証券取引所の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

トルコ軍の襲来で強化されたウィーンの市壁、その跡地リング通り

[2016/05/18] オキシマ・ヒロミ

ヨーロッパ諸都市で中世に築かれた市壁はどこの町でも近世になって取り除かれ、跡地は緑地帯や大通りになっている。そのような数ある市壁跡の大通りの中で、ウィーンほど美しい通りはないであろう。ほとんど輪のように丸くなっており、その名もリングと呼ばれている。リングは城のある場所ではブルク(城)リング、大学の前はウニヴェルズィテーツリング、オペラ座の前はオペルンリング、と部分的に名称が変わる。19世紀半ばに18歳という若さで皇帝になったフランツ・ヨーゼフの時代にこの環状大通りが建設された。しかし、この美しい… 続きを読む



ベルリンから始まったケンピンスキー・ホテルがウィーンに登場

[2015/08/15] 沖島博美

ドイツ通なら誰もが知っているホテル、ケンピンスキー。一度は泊ってみたい憧れの最高級豪華ホテルだ。ベルリンのブランデンブルク門前広場に面したアドロンを始め、クーダム通り角のブリストル、ミュンヘンのフィーア・ヤーレスツァイテン、ハンブルクのアトランティック、ドレスデンのタッシェンベルク・パレー、などなど素晴らしいホテルばかり。ケンピンスキーは、1862年にベルトルト・ケンピンスキーがベルリンでワイン販売店を出したのが始まりで、それがレストランとなり、やがてホテルへと発展していった。近年では中近東、ア… 続きを読む



証券取引所の地下、ステキなお花屋さんの隣にあるオシャレなレストラン「Hansen」

[2008/08/26] バレンタ愛

「証券取引所」と聞くと、どうも普通の人はなかなか縁のない入りにくい感じがありますが、ウィーン旧市街地内にある証券取引所の地下にはステキなレストランがあります。レストランの入口は長く続く石造りの階段。その両脇にはたくさんの緑や花の鉢が置いてあります。それもそのはず、お花屋さんの入り口も兼ねているのです。建物の中に入ると、ステキなインテリアでまとめられたステキな花屋さんのディスプレイが続きます。ランプやソファー、パラソルに飾りの貝。天井が高く、とても広い空間は優雅な雰囲気が漂います。 続きを読む



芸術家の愛した歴史あるカフェで、ステキなひと時を

[2007/10/17] バレンタ愛

ウィーンの中でも歴史あるステキなカフェの1つ。ここ「Cafe Central」。この建物の歴史は1860年までさかのぼります。ダンスホールとしてオープンしたこの建物は証券取引所や銀行として使われていました。そして1876年にこのカフェがオープンしたのです。1900年ごろからは学者や芸術家達が集まるカフェとして有名でした。今でも、その頃ここに住んでいると自称する位このカフェに通っていたカフェ文士ペーター・アルテンベルク(Peter Altenberg)に会うことが出来ます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウィーン、証券取引所」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。