「ウォータールー駅」に関連する現地ガイド記事

「ウォータールー駅」に関連する現地ガイド記事

ウォータールー駅に関する現地ガイド記事を集めました。ウォータールー駅の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ウィンチェスターの快適B&B、オーチャード・ハウスB&B

[2016/08/03] ディキンソン恵子

イギリス国内で「一番住みやすい町」に選ばれている素敵なウィンチェスター。ロンドンから電車で約1時間ちょっとなので、手軽に日帰り旅行も楽しめる距離ですが、ゆっくりと町を楽しみたいなら1泊はしたいところです。ヨーロッパ最長と言われる大聖堂など、中世の遺跡が町のところどころに残っているウィンチェスターは、歴史の宝庫で見所たっぷり。ウィンチェスター中心部のホテルは値段が高いところが多いので、割安な宿を探しているならB&B(ベッド・アンド・ブレックファスト)がオススメです。 続きを読む



ファン必見!ジェーン・オースティンが晩年を過ごした家を訪ねてみよう

[2016/07/17] ディキンソン恵子

「高慢と偏見」、「エマ」などの作品だけでなく、作家自身も題材に映画化されているほど人気のある、イギリスの小説家ジェーン・オースティン。イギリスでは、2017年から彼女の肖像画が10ポンド札にも登場する予定で、イギリス文学の偉大な作家の1人として認められています。そんなジェーン・オースティンが晩年8年間を過ごしたのが、ハンプシャー州ウィンチェスターから約26kmにあるチョウトン村です。この小さな村での生活が、オースティン氏の小説家としての才能に花を開かせたのです。 続きを読む



イギリス周遊の旅は、豪華クルーズ船ブリタニアで決まり!

[2015/07/31] ディキンソン恵子

今年3月、P&Oクルーズ社の新しい豪華クルーズ船、Britannia(ブリタニア)が処女航海を迎えました。サウサンプトンを発着する14万1千トン、全長約330mというブリタニアは、イギリスの魅力を全面に出したイギリス最大のクルーズ船です。命名式にはエリザベス女王とフィリップ殿下も出席し、豪華ライナーに相応しい素晴らしいお披露目が行なわれました。クルーズでの旅を楽しみながら、身も心も充電させてみませんか? 続きを読む



旧ロンドン市庁舎に棲む魚たちに会いに行こう!シーライフ・ロンドン水族館

[2014/01/14] ディキンソン恵子

国会議事堂からも近く、ロンドン・アイのチケット売り場にもなっている旧ロンドン市庁舎。その同じ建物の中にあるシーライフ・ロンドン水族館は、ヨーロッパでも最大級の水族館です。サメ、カメ、ワニ、ペンギン、ピラニアなど500種類に上る海洋生物が、14のテーマに分かれて展示されています。水中トンネル、給餌、舞台裏エリアにアクセスするツアーやサメが泳ぐ水槽でスノーケルなど、見所がたくさんあります。 続きを読む



テニス好きなら絶対見逃せない!ウィンブルドン選手権

[2011/05/11] ディキンソン恵子

ウィンブルドン選手権と言えば、テニスの4大世界大会のひとつ。緑が光る芝生のコートはテニスの愛好者だけでなく、テニスをしない人にも憧れの的です。大会が始まって125年目の今年も、6月20日から7月3日の間に行なわれます。国際的なテニス選手の多くも、特別な思い入れがあるという伝統と格式のウィンブルドン。その魅力を探りに、あなたもテニス観戦に来てみませんか? 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウォータールー駅」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。