「ウドン、カンボジア」に関連する現地ガイド記事

「ウドン、カンボジア」に関連する現地ガイド記事

ウドン、カンボジアに関する現地ガイド記事を集めました。ウドン、カンボジアの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アンコール時代から続くカンボジアの伝統工芸 漆器と銀器をお土産に

[2009/09/10] 井伊 誠

カンボジアのすぐれた伝統工芸のひとつとして知られる銀細工。その歴史は少なくとも500年前にさかのぼるとされ、伝統行事や王宮内の儀式などのなかで用いられてきたことから、長くその生産は王家によって支えらてきたと言われています。銀細工にはさまざまな種類があり、彫刻される模様もカンボジアの果物や十二支、植物文様、宗教的なシンボルなど多様で、なかでも十二支を象ったものはかわいらしく、買い物心をくすぐる一品です。 続きを読む



水田地帯にそびえる現代の「遺跡」、プラサート・ノコー・ビミアンスオ

[2009/01/23] 井伊 誠

首都プノンペンには外国人旅行者が楽しめる観光資源があまりないこともあって、カンボジア観光におけるこの町の存在感は残念ながら大きいとは言えません。しかし、プノンペンだけを観光するのではなく、この町を観光の拠点と捉え、足を伸ばす地域を郊外や近隣の州まで広げてみると、楽しめる範囲がぐっと広がるのです。そこで今回は、プノンペンから日帰りで気軽に行ける場所をひとつ、ご紹介しましょう。1997年に完成した現代の「遺跡」プラサート・ノコー・ビミアンスオです。 続きを読む



ボートを借り切ってプノンペンの歴史を感じるナイトクルーズに出よう!

[2008/06/23] 井伊 誠

カンボジアの首都プノンペンは、世界各地からアンコールワットをはじめとするアンコール遺跡群を目指して多数の観光客が訪れるシェムリアプ州とは違い、ガイドブックに掲載されるような観光資源が乏しいため、外国人観光客にとっては存在感の薄い首都ではないでしょうか。確かにプノンペンの「見どころ」として取り上げられる場所と言えば、国立博物館や王宮、市場を除くと、カンボジアの悲しい歴史が詰まったツールスレン虐殺博物館やキリングフィールドになるため、外国人観光客にとってはあまり魅力的な町に映らないかもしれません。 続きを読む



「うどん」発祥の地!? 約250年の歴史を有する古都ウドンへようこそ!

[2008/02/12] 井伊 誠

首都プノンペンから41キロのところに位置するウドンは、1618年から1866年の間、都が置かれていたところです。当時、それぞれの代の王が100を超す寺院を建設したといわれ、この町を象徴するウドン山の頂には、王都時代の面影を残す複数の仏塔や寺院が残っています。週末になると、カンボジアの人々で賑わいを見せますが、平日は静かで落ち着いた空気の漂うところで、山の周りに散在する集落では、観光とは直接関係のない人々の、ふだんの暮らしを肌で感じることもできます。プノンペンから日帰りで行けるため、プノンペン観光… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウドン、カンボジア」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。