「ウランバートル、定食」に関連する現地ガイド記事

「ウランバートル、定食」に関連する現地ガイド記事

ウランバートル、定食に関する現地ガイド記事を集めました。ウランバートル、定食の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

食の安全、とことんこだわる!「森のいるか」で体の中からリフレッシュ

[2009/04/02] 山本ちかだるま

2009年の私のテーマは、「食の安全と健康を考える」にしよう!と一口、そのお店の定食をいただいて決めました。ウランバートル市の大使館街の東側、アマルバヤスガラントホテル2階にオープンしたばかりの「森のいるか」でのランチのお話。マクロビオティックや健康食作りにこだわり2005年にウランバートルで起業した「北日本フーズモンゴル社」さんが、2009年2月、ついにモンゴル初の「真空調理」の店をスタート。まがいものは一切使わない本気の健康食生活を提供してくれる絶品レストランです。 続きを読む



北へ行くなら一度は寄りたい、大人気の峠の茶屋「オリハン」

[2009/02/24] 山本ちかだるま

ウランバートルから北へ約110km。モンゴルにしては珍しい舗装道路を軽快に走ること約1時間。そこに北の幹線道路を走るドライバーなら必ず立ち寄る店があります。店の名は「オリハン」。モンゴル語で「性質のよい、暖かい、優しい」などの意味です。創業10周年。創業当初は、舗装道路もなく、車どおりも少ない閑散とした峠の道端にたたずむ掘っ立て小屋でした。家族経営で出すボリューム満点のモンゴル家庭料理が長距離ドライバーに口コミで広がり、今では北の幹線ルートの名物ドライブインに成長しました。 続きを読む



心ほっこり「サクラベーカリー」。モンゴル情報と極上スイーツを召し上がれ

[2008/07/01] 山本ちかだるま

モンゴル国が市場経済化と民主化に踏み切った90年代以降、日本との関係は年々親密になっています。義務教育機関や大学、専門学校で日本語を教える学校も多く、上手に日本語を話すモンゴル人も増加中。今日、モンゴル国に在住している日本人は400人弱。10年前に比べると10倍以上! 二国間の交流がさかんになり、在留邦人が増えたおかげで、日本食を食べられる食事処も続々とオープンしています。外国旅行中に気になるのが、食事と生活情報。今回ご紹介する「サクラベーカリー」はその両方でご満足いただけること間違いなしです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ウランバートル、定食」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。