「エジプト、カイロ、入場料」に関連する現地ガイド記事

「エジプト、カイロ、入場料」に関連する現地ガイド記事

エジプト、カイロ、入場料に関する現地ガイド記事を集めました。エジプト、カイロ、入場料の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

倒れたままの彫像やオベリスクが点在する、デルタ地方最大の遺跡、サーン・イル・ハガル(タニス)

[2011/12/03] すまーふはなこ

カイロから118キロ離れた、デルタ地区の北東に位置する、サーン・イル・ハガルには、デルタ地区最大の遺跡があります。カイロから行くには不便な場所にあり、行くとなると丸一日かかってしまうためか、一般的な日本からのツアーの行程にはほとんど組みこまれていません。他の観光客に出会うことがほとんどないので、広い遺跡をひとりじめできます。4キロ四方の広大な遺跡には、折れたまま横たわるオベリスクや彫像、壊れた神殿の数多くのかけらが無造作にちらばり、発見されたまま打ち捨てられたような、一種独特な空気を持つ遺跡です… 続きを読む



エジプトで列車に乗ってみよう!鉄道で巡るエジプトの旅

[2011/11/19] すまーふはなこ

エジプトでは、列車の種類は3種類のみです。ひとつは、カイロのメトロと呼ばれる地下鉄で、2路線だけですが、カイロ中心部と近郊を走っており、考古学博物館、ダウンタウンやオールドカイロ、動物園に行くのに便利です。観光施設のある駅はディスプレイもされていて綺麗で、女性車両があるので女性でも比較的安全です。エジプトには他に、カイロとアレキサンドリアに路面電車があります。カイロでは、ラムセス駅からヘリオポリス駅まで、アレキサンドリアでは町の中心を走ってはいますが、速度が遅く、わかりにくいので観光客には利用し… 続きを読む



カルナック神殿のマニアックな場所を探索する!

[2011/09/09] すまーふはなこ

カルナック神殿はエジプト・ルクソールに来たら必ずと言っていいほど訪れる、メジャーな観光スポットです。第1塔門から入ってまっすぐアムン・ラー神至誠所まで行ったところが、大変素晴らしく見所満載の見逃せない場所です。ツアーだと大抵そこと大スカラベ、「聖なる池」の横のカフェあたりに行きます。しかし広い敷地内には、他にも山のように遺跡があり、その上メインの場所と離れた端の方にある神殿は場所がわかりにくいので、長い時間をかけないと全部は見きれません。いまだ発掘中なので、がれきのように置かれた、おさまりきらな… 続きを読む



墓の中に住んでる人がいる!マムルーク朝の墓が素晴らしい、死者の町(北の墓地)

[2011/07/27] すまーふはなこ

カイロの郊外にあるモカッタムの丘の下に、広い範囲でイスラム教徒の墓地が広がっており、通称「死者の町」と呼ばれています。死者の町というと、幽霊スポットのようで不気味に感じる半面、怖いもの見たさでゾクゾクするような魅惑的な響きがします。その死者の町の北側に位置する、「北の墓地」には一般の人の墓に交じってマムルーク朝の権力者の大きな廟が点在しています。世界遺産として登録されている、イスラム建築群の一部がこの場所にも見られるのです。墓が立ち並ぶその場所には、驚いたことに、死者が祀られた墓を家として暮らし… 続きを読む



イスラミック・カイロの一番お勧めのルート!ハンハリーリからムイッズ通りを歩く。

[2011/02/24] すまーふはなこ

カイロの古い街並みが、実は世界遺産に登録されているのをご存じでしょうか?イスラム地区と呼ばれる、北はフトゥーフ門、ナセル門の周辺から、南はイブン・トゥルーン・モスクの周辺までのエリアが、そうなのです。そこには、7世紀にイスラム教が伝わって以降に建てられた、600以上もの古いイスラムの建物が今もなお残っています。広い範囲に渡るエリアなので一日ではとてもまわれません。しかもゴミゴミしていていて、道もわかりにくい場所も多く、中には治安の悪い所もあります。しかし、そのうちの、お土産屋が集まる市場「ハンハ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エジプト、カイロ、入場料」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。