「エジプト、キーホルダー」に関連する現地ガイド記事

「エジプト、キーホルダー」に関連する現地ガイド記事

エジプト、キーホルダーに関する現地ガイド記事を集めました。エジプト、キーホルダーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

貴重なミイラが200体超!レイメバンバ博物館

[2013/09/22] 原田慶子

現在日本で巡回中の「インカ帝国展」。そこで人気を博しているのが、チャチャポヤス文化のミイラだ。このミイラはペルー・アマゾナス州の州都チャチャポヤスから南へ93km、レイメバンバ村郊外に位置する「MUSEO LEYMEBAMBA (レイメバンバ博物館)」から出展された貴重なもの。レイメバンバ博物館では、コンドル湖岸で見つかった200体を超すミイラを始め、衣類や籠、ひょうたん製の容器といったチャチャポヤス時代の日用品などが数多く展示されている。お目当てのミイラは特別室で大切に保管されており、ずらりと… 続きを読む



駐在マダム口コミの店、ハンハリーリで真ちゅうの商品を売る「スリーブラザーズ」

[2009/12/07] すまーふはなこ

真鍮(しんちゅう)とは「黄銅(おうどう)」とも呼ばれ、銅と亜鉛との合金で、日本では5円玉に使われています。黄金の色で、光沢があり、美しい金属です。加工しやすくさびにくいので工芸品にも多く利用されています。13世紀半ば、エジプトを支配したマムルーク朝の時代に、真鍮や青銅などの銅製品に金や銀の象がんを施す装飾技法が、エジプトに伝わりました。それを模した飾り皿、小物入れ、時計などの銅や真ちゅうの工芸品がお手頃でお土産としても人気です。 続きを読む



古代エジプト文字「ヒエログリフ」で、自分の名前のアクセサリーやキーホルダーを作る!

[2009/08/18] すまーふはなこ

古代エジプトの遺跡を観光した人は必ず、壁に描かれたたくさんの絵文字を目にしたことがあると思います。蛇や鳥や牛などの動物や植物、人間などの様々な形をしていて、壁一面にぎっしり書かれている場合も多いです。紀元前3000年頃から使われた、この古代エジプト文字をヒエログリフといいます。このヒエログリフを使って、自分の名前をデザインしてアクセサリーやキーホルダーにしたお土産が大人気です! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エジプト、キーホルダー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。