「エジプト、スイーツ」に関連する現地ガイド記事

「エジプト、スイーツ」に関連する現地ガイド記事

エジプト、スイーツに関する現地ガイド記事を集めました。エジプト、スイーツの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

本場とはひと味ちがう、カナダならではのアフタヌーンティーを

[2011/08/23] 西澤律子

バンクーバーのあるブリティッシュ・コロンビア,ビクトリア州の都ビクトリア。イギリスの植民地だったこの街でのお楽しみときたら、ずばりアフタヌーンティーでしょう。有名なのは、フェアモントエンプレス(結構いいお値段)だったり、オークベイにあるホワイトヘザー(ちょっと郊外)だったりします。そんな中、ダウンタウンにおしゃれなティースポットが誕生しました!その名もVenus Sophia(ビーナス・ソフィア)。チャイナタウンのど真ん中というロケーションの中、陽気なエジプト人のサリーとスイス人のアランというカ… 続きを読む



ロシアが誇るヨーロッパ屈指のコレクション!エルミタージュ美術館

[2010/12/24] 西川さや香

ため息が出るほどに、エレガント!エメラルドグリーンを基調に、白とゴールドで彩られたエルミタージュ美術館は、ロシアが誇るヨーロッパ屈指のギャラリー。サンクトペテルブルグを中心に華やかな文化が花開いたロマノフ朝の財宝から、紀元前4000年に遡る古代エジプトのコレクション、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ルノワール、セザンヌ、ピカソといった幅広い年代で世界各地から集められた名作たちが展示されたこの美術館は、しっかり時間を取って訪れたいスポットです。 続きを読む



ラマダン中にしか見られない!スペシャルな甘いお菓子、アタイエフと、ドライあんずのアマルッディーン

[2009/09/11] すまーふはなこ

今年のラマダンは、8月22日から始まっており、9月21日あたりまでの予定です。イスラム教の大事な行事であるラマダン中は、日の出ている間、食べ物を口にすることを禁じられています。そして日没後、イフタールと呼ばれる盛大な食事を家族と一緒に食べます。いきなりごちそうを、すきっ腹に入れると、胃腸に負担がかかるので、まずは、デーツ(なつめやし)などのドライフルーツやナッツ、またはアマルッディーンというあんずのジュースや、タマルヒンディやカンゾウ、イナゴ豆のジュースを飲みます。この中でも、アマルッディーンの… 続きを読む



エジプトのママの味、パン・プディングのような「オム・アリ」

[2009/08/03] すまーふはなこ

オム(ウンム)・アリ は、エジプトの代表的な温かいスイーツです。パリパリに焼いて砕いたパイ生地と、ココナッツやピスタチオなどのナッツとほしぶどうをミルクで煮てからオーブンで焼きます。ミルクに浸すので、とろっと柔らかい食感です。パンプディングのようだと言う意見が多いですが、卵を使わないので、パンプディングというより、焦げ目のついたナッツ入りパンがゆと言ったほうが近いです。 お好みでエシタという牛乳のクリームをかけたり、バニラアイスを添えて食べたりします。 続きを読む



とにかく甘い!でもくせになる美味しさで、暑いエジプトにピッタリなスイーツたち

[2009/06/19] すまーふはなこ

エジプトでは、ヒゲをたくわえた紳士たちが紅茶にお砂糖を3杯も4杯も入れて、美味しそうに飲んでいる姿は珍しくありません。そして紅茶の隣には激甘〜いエジプシャン・スイーツが添えられていたりするのです。エジプト人は甘いものが好きな人が多く、スイーツはどれもこれも、とっても甘いです! 日本人的にはじめは面食らうこの甘さも、不思議なことに一度食べてみると意外に病みつきになる人も多いのです! 特に甘いのが、中東の他の国でも有名なバスブーサというお菓子。ココナッツとセモリナ粉を使った、ベーキングパウダーの入っ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エジプト、スイーツ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。