「エジプト、デーツ」に関連する現地ガイド記事

「エジプト、デーツ」に関連する現地ガイド記事

エジプト、デーツに関する現地ガイド記事を集めました。エジプト、デーツの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

エジプトで一番のお気に入りと言う人も多い!ツウ好みのシーワ・オアシス

[2010/12/21] すまーふはなこ

カイロから車で12時間、リビアの国境近くのシーワ・オアシスの町に降り立つと、エジプトの他の町とは違った落ち着いた風情を感じます。住人は他のエジプト人とは違い、穏やかで大人しい性質の人が多く、町全体が静かでのんびりしています。町は車がほとんど走っておらず、移動はロバ車か自転車で行います。女性の姿も独特で、結婚した女性は顔を黒や茶色の布で覆い、頭は厚手の布をはおっており、顔が全く見えません。彼らは保守的で、文化も習慣も言語も衣装も独自の伝統を守り続けています。歴史的にも有名で、紀元前331年にエジプ… 続きを読む



お土産に人気のデーツ、古代エジプトから食べられている美味しくて栄養満点のドライ・フルーツ

[2010/07/03] すまーふはなこ

「デーツ」とは、なつめやしの実のことで、中東ではよく食べられています。中でもエジプトは生産国のトップで、日常的な食べもののひとつです。過酷な環境でも育つので、特に砂漠の民たちの重要な栄養源かつ生産品となっています。熱い太陽を浴びたデーツは、熟し加減によって味が違います。未熟なものはサクサクとした食感で軽い甘さですが、半乾燥したもの、完全乾燥したものなどは見た目はプルーンのようで、味は干し柿のようなねっとりとした甘さが強いです。旬には道端に色々な種類のデーツが売られているのが見られます。お土産とし… 続きを読む



創立119年、王室御用達の、ダウンタウンにある老舗のお菓子屋「グロッピー」

[2010/02/17] すまーふはなこ

エジプト考古学博物館近くのダウンタウンには様々なお店が軒を並べています。そのダウンタウンのど真中ともいえる、タラアト・ハルブ広場では、多くの車が行きかい、人々が闊歩しています。タラアト・ハルブとは20世紀に活躍した経済学者の名前で、彼の銅像がその広場の中央に立っています。広場を中心に道が放射線状に広がっていて、様々な楽しいお店がありますが、その広場の一角に、地元カイロッ子なら知らない人はいないと言われる、人気の老舗のお菓子店「グロッピー」があります。 続きを読む



砂漠キャンプで有名なバハレイヤ・オアシスで、遺跡観光もできる!

[2009/10/21] すまーふはなこ

砂漠キャンプのできる白砂漠への拠点となる、バウィーティの町には、紀元前4世紀〜後4世紀頃のグレコローマン時代のものを中心にいくつかの遺跡が点在しています。町から6キロ離れた所では、250体を超えるミイラが見つかり、まだ1万体以上眠っているという説もあります。一般公開はされていませんが、発見された場所には、ローマ人風の顔の黄金のマスクをかぶったものが多く出土されたため、「黄金のミイラが眠る谷」と呼ばれています。ここで見つかったミイラのうち10体が、バウーティの考古学事務所にある部屋に展示されていま… 続きを読む



ラマダン中にしか見られない!スペシャルな甘いお菓子、アタイエフと、ドライあんずのアマルッディーン

[2009/09/11] すまーふはなこ

今年のラマダンは、8月22日から始まっており、9月21日あたりまでの予定です。イスラム教の大事な行事であるラマダン中は、日の出ている間、食べ物を口にすることを禁じられています。そして日没後、イフタールと呼ばれる盛大な食事を家族と一緒に食べます。いきなりごちそうを、すきっ腹に入れると、胃腸に負担がかかるので、まずは、デーツ(なつめやし)などのドライフルーツやナッツ、またはアマルッディーンというあんずのジュースや、タマルヒンディやカンゾウ、イナゴ豆のジュースを飲みます。この中でも、アマルッディーンの… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エジプト、デーツ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。