「エジプト、土産、値段」に関連する現地ガイド記事

「エジプト、土産、値段」に関連する現地ガイド記事

エジプト、土産、値段に関する現地ガイド記事を集めました。エジプト、土産、値段の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

エジプトの「スワロフスキー」と呼ばれる、クリスタル・ガラスのメーカー「アスフール」

[2012/03/18] すまーふはなこ

ショッピングセンターや空港に、有名な「スワロフスキー」と似た、キラキラ光ったクリスタル・ガラス(高品質の無色透明のガラス)の製品が置かれているのが見られます。よく見ると、マークが、「スワロフスキー」の有名な白鳥ではなく、ハトのような鳥が羽根を広げたものがデザインされています。これは、エジプトの「スワロフスキー」と呼ばれる、クリスタル・ガラスのメーカー、「アスフール」のお店です。アスフールは、スワロフスキーで働いていた人がエジプトで独立して、1961年に創立しました。日本ではスワロフスキーほどは知… 続きを読む



美しいイスラム文様の象眼細工で彩られたグッズは、お土産に人気です。

[2011/05/04] すまーふはなこ

象眼細工とは、ある素材のものに別の素材を埋め込んで作る工芸の手法のことです。様々な国で見られる工芸の手法ですが、エジプトでは古代から行われており、数々の遺物にその象眼細工を見ることができます。現在では、木の土台に、貝やラクダの骨などの小さな破片を埋め込んで、細かいイスラム文様をデザインしたものが主になっています。破片のひとつひとつが大変小さいので、集中力のいる職人芸です。机や棚などの家具や、タンバリン、太鼓などの楽器、箱、飾りなど様々なものに施されています。お土産として売られているものは、貝や骨… 続きを読む



ラクダの革製品、骨製品、人形など、ラクダ・グッズ色々あります!

[2010/10/11] すまーふはなこ

砂漠の国、エジプトを象徴する動物といえば一番に浮かぶのは、ラクダ!ですよね!?エジプトのお土産屋にはたくさんのラクダ・グッズが並んでいます!そのなかでも在住者に人気なのが、ラクダの革製品です。ラクダは温度差の激しい砂漠気候に生きているため、その革は耐久性があります。お土産屋の中では、ライターの火であぶって丈夫なことを示そうとするパフォーマンスをしてくれるところもあります。張りのある厚くて頑丈な革ですが、柔らかくて触り心地は抜群です。そのラクダの革で作られたバックや、スリッパ型のサンダル、丸い円柱… 続きを読む



エジプト土産の定番!人気のガラス製香水びんと古代エジプトから使われている香油

[2010/06/15] すまーふはなこ

お土産屋の立ち並ぶスーク(市場)である「ハンハリーリ」に行くと、赤や青や黄色の色とりどりの透明の細長いガラスの香水瓶が目につきます。花の絵が描かれていたり、マーブル模様や半透明の色が付けられていたり、ラクダや象、ヤシの木の形をしていたりと色々な種類があります。これらは吹きガラス技法によって手作りされたもので、全く同じ形のものはありません。光が当たるとキラキラ光って、お部屋に飾るときれいです。もちろん香水を入れてもOKですが、持ち帰ったサラサラのエジプトの砂漠の砂を入れておくという手もあります。 続きを読む



アフリカン・カラーのヌビアのお土産も豊富な、アスワンの独特のお土産

[2010/05/31] すまーふはなこ

アスワンはカイロから南に860キロ、ナイル川の東側にある、上エジプト最大の都市です。アスワンの町に降り立つと町の至る所で岩石が盛り上がっているのが見られ、独特な景観を産みだしています。元々、古代エジプト時代から、多くの石切場があり、さらに象牙や金、香料などを南の国と交易する場所として栄えていました。その活気が今もなお息づいています。また、アスワンから南のスーダンの国境のあたりをヌビア地方といい、そこに住む人々はヌビア人と呼ばれ、彼らは肌の色が濃く、プライドを持って独特の文化を育んできており、人柄… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エジプト、土産、値段」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。