「エッグベネディクト」に関連する現地ガイド記事

「エッグベネディクト」に関連する現地ガイド記事

エッグベネディクトに関する現地ガイド記事を集めました。エッグベネディクトの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「楽しい!」「可愛い!!」が随所に散りばめられたプチホテル♪

[2016/10/13] 根本聡子

シンガポールの有名カフェからヘッドハントされたシェフが作る絶品カフェ飯もここの魅力。パスタやカレーなど腹ぺこさんにピッタリなメインディッスはもちろん、お酒が進むおつまみやヘルシーサラダなど女性が喜ぶメニューが充実しています。さらに平日の17:00〜19:00はハッピーアワーでアルコールメニューが全て半額! さらにさらに水曜日はレディースナイトとして18:00〜22:00は女性ならカクテルが無料という太っ腹のサービスもあり、宿泊せずとも遊びに行きたくなる場所なのです。朝食もパンケーキやエッグベネデ… 続きを読む



サービス、施設、立地どれも完璧!羨望のマンダパ・ア・リッツ・カールトン・リザーブ

[2016/04/17] 古関千恵子

ダイニングは5カ所。オールデイダイニングの「サワー・テラス」はアユン川を見下ろす渓谷上にあり、朝食の場もこちら。巨大なフォアグラが乗ったココットやエッグベネディクトが人気です。竹をふんだんに使った近未来的デザインのファインダイニング「クブ」は川のほとりにある地中海・ヨーロッパ料理。竹で作った繭のような個室がロマンティックです。スパ施設もアユン川に面し、せせらぎに包まれた環境。ツボを押すジャワニーズとロングストロークのバリニーズを組み合わせたメピジェット・マッサージがおすすめです。 続きを読む



モダンなモール、MOOD

[2015/12/24] 田中ティナ

食品関連店には、石のオーブンで焼くパン、コーヒー豆や茶葉と茶器など関連商品やベルギーのチョコレートなど、いずれもその店ならではの商品がならんでいる。食事時なら、パリやニューヨークで洗練されたメニューをカジュアルな空間で提供するCafe Egoisteはいかが? 自家製のパンをメインにした朝食を朝10時半まで提供。日曜日のブランチメニューには、自家製グラノラとヨーグルト(65SEK、約950円)など軽いものからボリュームあるエッグベネディクト(155SEK、約2300円)などが見える。また、館内に… 続きを読む



地元ビジネスマンにも人気のスタイリッシュなレストラン「Joma」

[2015/05/02] バレンタ愛

平日8:00〜11:30、土日祝日は13:30まで楽しめる朝食メニューは種類も豊富、そして素敵なメニューが揃っています。ウィーンの他のレストランやカフェではあまり見かけないエッグベネディクトやアボガドメニュー、フレッシュフルーツジュースなども揃っていて、自由に組み合わせられる単品/追加メニューが豊富なのも嬉しい限りです。自家製ローストコーヒーやフレンチトーストやワッフルなどもあるので朝ごはんを食べに行くのもお勧め。 続きを読む



ロコに大人気! トローリふんわり、ボリュームたっぷりなエッグベネディクト!

[2015/01/01] NEMO

早速一番人気のメニューを聞くと「エッグベネディクト!」と即答が。日本でも流行っているエッグベネディクトですが、ここのはひと味違います。イングリッシュマフィンと卵の間にスパムがどーんっと一枚入ったチャモロ風エッグベネディクトなんです! ナイフを入れた瞬間にとろけだす滑らかな黄身が塩味強めなスパムの味をまろやかにして、なんとも美味!! スパムがガッツリと食べ応えを与えてくれるので、男の人にもオススメの1品です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エッグベネディクト」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。