「エーゲ海」に関連する現地ガイド記事

「エーゲ海」に関連する現地ガイド記事

エーゲ海に関する現地ガイド記事を集めました。エーゲ海の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ぐるっと360度、「スアダ」からボスポラス海峡を独り占め!

[2016/10/08] Yeni

スアダには、トルコ料理の代表・ケバブ料理店「Suda Kebap(スダ・ケバブ)」、エーゲ海地方の郷土料理を得意とする「Aslan Restaurant(アスラン・レストラン)」、カジュアルイタリアンの人気店「Mezzaluna(メッツァルーナ)」、海といえばシーフード派には「G Balik(ジー・バルック)」、イスタンブールを代表する日本食レストラン「Itsumi(いつみ)」、そしてオリジナル無国籍料理を味わいたいなら「360 Istanbul(ウチユズ・アトゥムシ・イスタンブール)」と、全部… 続きを読む



ユーフラテス川の絶景、巨大要塞ルムカレ

[2016/07/14] オキシマ・ヒロミ

エスキ・ハルフェティの船着き場にはレストランが並んでいる。遊覧船の持ち主がレストランを開いているようで、船に乗るにはどこかのレストランを通り抜けて乗船する。せっかくなので行きか帰りにレストランで休憩し、この辺りにしかいないという魚シャブットを食べてみよう。見た目はカマスのようだが川魚なのでカマスより淡白な味だ。トルコでは、エーゲ海や地中海沿岸は別として一般に肉料理が主流だ。しかも羊の肉が多い。魚は滅多に食べられないので久々の魚料理はおいしい。古代の雄大な城塞、近代化プロジェクトGAP,ちょっと悲… 続きを読む



1万2000年前に建設された世界最古の神殿ギョベクリテペ

[2016/04/11] オキシマ・ヒロミ

トルコの南東部は文明発祥の地。チグリス川とユーフラテス川には挟まれたメソポタミア地帯では“どこかを掘れば遺跡が出てくる”、と言われているくらい遺跡が多い。観光でヨーロッパを訪れると、私たちが目にするのは古くてもせいぜい8世紀くらいの建造物。ところが南東アナトリアでは、時には石器時代にまで遡る遺跡に遭遇する。エーゲ海や地中海沿岸ではトロイの遺跡のように19世紀後半に発掘されて有名になったものが多いが、南東アナトリアには最近になって発掘された非常に貴重な歴史遺産が点在している。その一つがトルコ南東部… 続きを読む



イスタンブールのお洒落なレストラン

[2016/03/07] オキシマ・ヒロミ

料理の種類は前菜からデザートまで合わせると50種類にものぼる。全て、ナル・ロカンタのオリジナル料理だ。伝統的なトルコ料理とヨーロッパ料理とを混ぜ合わせ、新しい独自の味を生み出した。典型的な郷土料理をフランス料理風にアレンジした食のコラボレーションは色々な国で試みられている。しかし、ここはイスタンブール。アジアとヨーロッパにまたがる不思議な街。アジアとヨーロッパのいろいろな文化が入り混じっているため、料理では早くからヨーロッパ的な傾向が見られた。トルコはエーゲ海と地中海に面しているので昔から魚が豊… 続きを読む



トルコで一番ミシュランに近い『Alancha(アランチャ)』のファイン・ダイニングに脱帽

[2015/07/28] Yeni

北にはロシアの対岸となる黒海、南には遥かアフリカ大陸へ続く地中海、そして西にはギリシャの島々が浮かぶエーゲ海と、海辺のリゾート地には事欠かない国、トルコ。その中でもダントツ人気はエーゲ海沿岸で、それぞれに特色あるスポットが点在しています。ナイトシーンも含めたご当地3大エリアは、ボドルム、チェシメ、そして最近急浮上のアラチャトゥ。ウィンドサーフィンで有名なこのアラチャトゥに2013年に出現、話題騒然となったレストラン『Alancha(アランチャ)』が、いよいよイスタンブールにもオープンしました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 エーゲ海」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。