「オペラ」に関連する現地ガイド記事

「オペラ」に関連する現地ガイド記事

オペラに関する現地ガイド記事を集めました。オペラの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

2016/2017シーズンもウィーン国立歌劇場をたっぷり楽しむ!

[2016/07/04] バレンタ愛

先シーズンから新設されたStudio Walfischgasseでは子供向けの演目を上演しています。子供向けの見やすい演目ですが、出演者はオペラ座所属の歌手と生オーケストラ。子供でも本格的なオペラに触れる機会があるのはさすがウィーン!オペラ座内ではコンサートなども開かれています。夏季にはオペラ座横に巨大スクリーンと座席が設置され、無料で(!)オペラ座内からの生中継を鑑賞する事も出来ちゃいます。オペラ座の係員までいてプログラムも売っているのはこれまたさすがウィーン!のサービス。チケットが取れない場… 続きを読む



エアフルトの楽しみは1年中ドーム広場で

[2016/06/23] 沖島博美

ドーム広場は祭りの連続だ。年が明けたらファッシングと呼ばれる謝肉祭があり、直ぐに春祭りがやってくる。5月のソーセージ祭りでは広場にエアフルトと周辺の肉屋が屋台を出して味を競い合う。ドイツ人には少々塩辛いくらいの方が評価が高いそうだ。6月にはモーターショーが開かれ、夏場は毎週末に若者たちのライブ演奏が行われている。7月から8月にかけての3週間、週末に繰り広げられる野外オペラは有名で、この大階段を舞台に向かい側広場に仮設の観客席が設けられる。9月から10月にかけてはミュンヒェンと合わせてオクトーバー… 続きを読む



カフェGerstnerとスパークリングワインのカフェが宮殿内にOpen

[2016/05/27] バレンタ愛

このカフェサロンがOpenしたのは1860年代に建てられたネオルネッサンス式の宮殿内。オペラ座の横の道を挟んで反対側という素晴らしいロケーション。窓からはオペラ座を見ながらティータイムを楽しむ事が出来ます。宮殿は第二次世界大戦でダメージを受けてしまったのですが、すぐに再建され、1976年には元々の宮殿の姿に改装されました。中にあるらせん階段はとても素敵。お店に一歩入ると「さすがウィーン!」と感じられる雰囲気になっています。 続きを読む



トルコ軍の襲来で強化されたウィーンの市壁、その跡地リング通り

[2016/05/18] オキシマ・ヒロミ

ヨーロッパ諸都市で中世に築かれた市壁はどこの町でも近世になって取り除かれ、跡地は緑地帯や大通りになっている。そのような数ある市壁跡の大通りの中で、ウィーンほど美しい通りはないであろう。ほとんど輪のように丸くなっており、その名もリングと呼ばれている。リングは城のある場所ではブルク(城)リング、大学の前はウニヴェルズィテーツリング、オペラ座の前はオペルンリング、と部分的に名称が変わる。19世紀半ばに18歳という若さで皇帝になったフランツ・ヨーゼフの時代にこの環状大通りが建設された。しかし、この美しい… 続きを読む



別館がオープンしてますます快適になったさくらゲストハウスへ泊まろう

[2016/05/13] 伊藤あつし

宿はビシュケクの目抜き通りの一つであるソヴィエツカヤ通りにも近く、市内中心部までは徒歩圏内です。博物館やオペラ・バレエ劇場、サーカスへもすぐ足を伸ばせるので観光に便利な立地となっています。また、主に長距離バスの発着する西バスターミナルと、近郊バスが発着する東バスターミナルへはそれぞれミニバス(マルシュルートカ)で一本で結ばれているので国内旅行の拠点としてもさくらゲストハウスを利用してはいかがでしょうか。その間の余分な荷物の預かりも無料で行っています。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オペラ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。