「オヤ、トルコ」に関連する現地ガイド記事

「オヤ、トルコ」に関連する現地ガイド記事

オヤ、トルコに関する現地ガイド記事を集めました。オヤ、トルコの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

下町ベシクタシュの、行列の出来る店三連発!!!

[2019/01/25] Yeni

イスタンブールの港町の一つBesiktasベシクタシュは、交通の要所なので人の往来が激しく、いつも賑わっています。ここには大きな商店街がありますが、昔ながらの店構えを守る古い店々の中に、ここ数年若者をターゲットにしたカフェやバー、ブティックが点在するようになりました。今回はそんな新旧交わるベシクタシュで、いつも長蛇の列のお客でいっぱいの大人気店舗を三店ご紹介しましょう。今回筆者をナビゲートしてくれたのは、トルコ刺繍オヤ講師でありアクセサリーデザイナーである姫りんごさんです。まずはランチタイムに行… 続きを読む



生地好きにはたまらない!ファブリックの宝庫「グランドバザール」で魅惑の布めぐり

[2018/06/10] Yeni

イスタンブール観光に外せないスポットの一つ、Grand Bazaarグランドバザール。トルコ語ではKapali Carsiカパル・チャルシュ=屋根付きの市場と呼ばれるこの巨大なショッピングスポットは、15世紀後半オスマントルコ帝国時代に建造され、500年以上に渡りその威光を保ち続けています。現在は約3,600店舗が、65本もの通りに軒を連ねています。その風情は、複雑に入り組んだ迷路そのもの。グランドバザールの店舗には全て番号が振られていますので、自分の来た場所付近の通りの名前と店の数字を覚えてお… 続きを読む



最近注目のガラタ塔界隈を散策してみよう

[2011/10/15] 洋子・オーレテン

いにしえのイスタンブールの香り漂う地区・ガラタ(Galata)。ガラタ塔のある一帯は、古くはビザンティン時代にまで遡る程の歴史を持つ地区。オスマン帝国時代は外国人が多く住んでいたエリアで、今もその当時の名残がそこここに漂っています。坂の多い石畳の小径は、なんとなくヨーロッパの小さな街角を彷彿とさせ、イスタンブールのド真ん中にあって異国情緒を感じさせる街並みです。そんなガラタ地区は、昔からアーティスト達が好んで居を構えた場所でもあって、最近はオシャレなブティックやカフェなども増え、若者たちにも人気… 続きを読む



最近人気の飾り刺繍『オヤ』の品揃え豊富なアクセサリーショップ

[2010/08/16] 洋子・オーレテン

最近、日本でもトルコ好きな方たちを中心に、じわじわと人気の出ている飾り刺繍の『オヤ(Oya)』。2007年の11月に、こちらでも紹介したことのあるオヤですけれど、本来は、スカーフの縁飾り用として、田舎の女性達が農作業の合い間などにコツコツと刺繍していたもの。それが最近、都会の女性たちの間で、ちょっとした人気になっているんです。その飾り刺繍の可愛らしさ・美しさに魅せられて、スカーフの縁飾りとしてだけではなく、アクセサリーとして楽しむ女性達が増えているんです。そんなオヤを、たくさん扱っているお店を紹… 続きを読む



素朴で温かみのある飾り刺繍「オヤ」をお土産にいかが?

[2007/11/19] 洋子・オーレテン

トルコの女性は手芸の好きな、そして得意な人が多いんです。家事の合間に、ちょこちょこっとレース編みや刺繍・編物などをしたり、また、お嫁入り支度のために作ったり。レース編みや刺繍は、応接間やリビングのテーブルクロスやテーブルセンターにしたり、飾り棚の敷物にしたり、トルコのおうちは手芸品で綺麗に飾られていることが多いんですよ。とりわけ、田舎の人たちはご近所同士が集まってお喋りしながら、チャイ(お茶)を飲みながら、手芸をすることが多いようです。そんな数ある手芸品の中から、私がお気に入りのものを紹介してみ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オヤ、トルコ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。