「オランダ王室」に関連する現地ガイド記事

「オランダ王室」に関連する現地ガイド記事

オランダ王室に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ王室の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アムステルダムのパンネクーケンハウス厳選3店

[2017/03/06] テメル華代

『Pannenkoekenhuis Upstairs』は、1962年創業の由緒あるパンネクーケンハウスです。16世紀の建物の3階に、テーブルが4つだけ並んだ隠れ家のような空間で、天井には無数のティーポット、壁にはオランダ王室の写真やアムステルダムの風景画が飾られています。お店のアピールポイントは「正真正銘」のダッチ・パンネクーケン。素材にもこだわり、野菜や果物のほとんどがオーガニックファームから仕入れられています。ベーコンも、良質の飼料を与え広いスペースで飼育されたベームスターラント豚(Beem… 続きを読む



オランダのポケモンの首都!カイクダイン

[2016/08/23] ミツフィ

オランダの主要都市デンハーグ。オランダ国会や国際司法裁判所などの行政機関、日本大使館を含む各国の大使館、及びオランダ王室を擁するオランダ行政の中心都市です。行政機能だけではなく、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を収蔵するマウリッツハイス美術館、及びオランダを代表するビーチリゾート「スヘフェニンゲン」など見所が尽きない街でもあります。そして今年、このデンハーグ市で日本にも関わりの深い「とあるもの」が注目を浴びているのです。 続きを読む



摩訶不思議ワールドへようこそ。エッシャー美術館

[2015/12/14] ミツフィ

またここの見所は、エッシャー鑑賞だけではありません。美術館は元オランダ王妃の宮殿であったため、外観も内装もロイヤルで洗練され、館内の見学だけでも見ごたえがあります。更にエンマ王妃など19世紀当時のオランダ王室関連の写真展示も鑑賞することができます。アンティークな内装に加え、ハンス・ファン・ベンテム(Hans van Bentem)がデザインした斬新でユニークなシャンデリアも一見の価値があります。世界的に有名なエッシャーの騙し絵を鑑賞できるエッシャー美術館。ハーグを訪れる際は是非ともお立ち寄りいた… 続きを読む



オランダ黄金の世紀を物語る宮殿、アムステルダムの王宮

[2015/11/12] ミツフィ

アムステルダムの旧市街の中心部にあるダム広場(Dam)。アムステルダムを旅行する殆どの方が立ち寄る機会があり、アムステルダムを代表する広場と言えましょう。ダム広場の西方に位置する威風堂々とした「王宮(Koninklijk Paleis)」は、絵葉書にもよく登場する有名な建物です。王宮と聞くと、オランダ王室の住居だと思う方も多いと思います。アムステルダムの王宮はオランダ王室所有の建造物ですが、住居としてではなく王室行事に使用されています。そして元来、王宮はアムステルダムの市庁舎として建てられたので… 続きを読む



オランダ王室縁の白亜の美麗な建築。世界博物館

[2013/03/23] ミツフィ

現在は博物館であるこのエレガントな建築。実は19世紀末はオランダ王室のヨットクラブでした。王立ヨットクラブの理事長は、当時のオランダ国王ヴィレム3世の弟、ヘンドリック・ファン・オラニエ=ナッサウ王子。今はイベント会場である豪華なパーティールームから、当時の華やかさが偲ばれます。理事長が他界した後、建物は自治体に引き継がれ博物館としてリニューされたのです。17世紀以来オランダ人は世界中を航海し、日本を含む世界各地から貴重な品をオランダに持ち帰ってきました。世界博物館では、アジア、アフリカ、南アメリ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ王室」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。