「オランダ、アンネフランク」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、アンネフランク」に関連する現地ガイド記事

オランダ、アンネフランクに関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、アンネフランクの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダの国家遺産、19世紀の配水塔に泊まる!

[2017/04/14] テメル華代

オランダには歴史的・文化的価値のある建造物を保護する国家遺産(Rijksmonument)の制度があります。1954年に運用が始まり、城塞や宮殿、教会、風車など、その登録数は6万2千件にのぼります。皇太子妃雅子様が2006年にご静養されたヘット・ロー宮殿や、東京駅のモデルといわれるアムステルダム中央駅、レンブラントの家やアンネ・フランクの家も国家遺産です。レストランやショップなどの商業施設に改装された国家遺産では、建物の構造や内装に当時の面影を偲ぶことができます。今回は、宿泊できる国家遺産「ホテ… 続きを読む



アムステルダムのパンネクーケンハウス厳選3店

[2017/03/06] テメル華代

オランダで定番の食事にパンネクーケン(pannenkoeken)があります。少し厚めのクレープのように生地を焼くオランダ風のパンケーキで、フルーツやクリームをのせたスイーツ系と、ベーコンや野菜をトッピングした食事系があります。日本のたこ焼きのように、小さく丸く焼いたポッフェルチェス(poffertjes)も人気のメニュー。そば粉とイースト菌を入れて柔らかく焼き上げ、たっぷりのバターやシロップ、粉砂糖をかけていただきます。オランダを訪れたらぜひ食べていただきたいパンネクーケン。アムステルダムにある… 続きを読む



オランダのユダヤ社会の歴史を知る。ユダヤ歴史博物館

[2016/07/20] ミツフィ

世界中にあるユダヤ社会については、皆さんも聞いたことがあると思います。オランダの場合、17世紀の黄金時代の一役を担っていたのがオランダのユダヤ社会で、オランダという国を知る上で興味深い事項かもしれません。ユダヤ人のオランダ移住から黄金時代への貢献、一転してホロコーストの悲劇、そして現在に至るまでのオランダでのユダヤ社会の展示を、アムステルダムのユダヤ歴史博物館で見ることができます。ユダヤ歴史博物館は4つのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)から構成され、常設展は主に「1600年から1900年」と「1900… 続きを読む



運河の街アムステルダムでミュージアム巡り

[2016/01/03] りんみゆき

第二次世界大戦中ナチスから隠れるためにお父さんであるオットー・フランク氏の会社の裏部分でアンネが13歳から15歳の間暮らした建物が博物館になっています。当時8人がここで生活をしていましたが、その中で唯一生き残ったお父さんがここでの生活が書かれている「アンネの日記」を1960年に出版することにしました。いつも長い列ができていますが、オンライン予約をしておくと専用の入り口から入ることができます。http://www.annefrank.org/en/Sitewide/Languages/Japane… 続きを読む



オランダ人の勇気に学ぶ。コリー・テン・ボーム博物館

[2009/03/17] ミツフィ

アムステルダムのアンネ・フランクハウスは、アンネ一家の隠れ家として世界的に有名です。実はオランダにはアンネの家だけではなく、ユダヤ人やオランダ人のレジスタンスがナチスの追跡から身を隠すための隠れ家が各所にありました。1940年、オランダは中立を表明していたにも関わらずナチス・ドイツに占領されてしまいます。皆さんが歴史や映画でご存知の通り、ナチスによるユダヤ人迫害はオランダでも激化します。ナチス占領下のオランダでは、抵抗するための地下組織がオランダ人有志によって支えられていました。アンネ・フランク… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、アンネフランク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。