「オランダ、クリスマス」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、クリスマス」に関連する現地ガイド記事

オランダ、クリスマスに関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、クリスマスの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

国際法廷のある宮殿。オランダの平和宮

[2017/08/02] ミツフィ

「国際法廷」「国際司法裁判所」という言葉は時折ニュースにも登場し、聞き覚えがある方も多いと思います。国連の重要な司法機関であり、平和解決を目指し、国家間の紛争などを取り扱う裁判所です。領土問題や国境問題から、旧ユーゴスラビア問題など人道問題まで幅広い係争例があります。「世界法廷」とも呼ばれる国際司法裁判所、実は所在地がオランダのハーグなのはご存知でしたか?。国連の主要機関は多くがニューヨークにあるのですが、国際司法裁判所は唯一ニューヨークに所在しない国連の主要機関でもあるのです。 続きを読む



アムステルダムのパンネクーケンハウス厳選3店

[2017/03/06] テメル華代

オランダで定番の食事にパンネクーケン(pannenkoeken)があります。少し厚めのクレープのように生地を焼くオランダ風のパンケーキで、フルーツやクリームをのせたスイーツ系と、ベーコンや野菜をトッピングした食事系があります。日本のたこ焼きのように、小さく丸く焼いたポッフェルチェス(poffertjes)も人気のメニュー。そば粉とイースト菌を入れて柔らかく焼き上げ、たっぷりのバターやシロップ、粉砂糖をかけていただきます。オランダを訪れたらぜひ食べていただきたいパンネクーケン。アムステルダムにある… 続きを読む



抽象絵画の巨匠の生家。モンドリアンハウス

[2016/06/21] ミツフィ

ユトレヒト州第二の都市、アメルスフォールト。中世は城塞都市であった旧市街には至る所に歴史的な建造物が残り、ユトレヒトと同様に散策に適した見所の多い街です。この街が生み出した世界的に有名な画家がピート・モンドリアンです。三原色と白黒だけで構成されたコンポジションは誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。美術史上においてモンドリアンはカンディンスキーと並ぶ抽象絵画の先駆者で、オランダを代表する世界的芸術家のトップ3は「レンブラント、ゴッホ、モンドリアン」とまで言われています。またモンドリアンは後世の… 続きを読む



摩訶不思議ワールドへようこそ。エッシャー美術館

[2015/12/14] ミツフィ

みなさんはエッシャーというオランダを代表する芸術家をご存知でしょうか。名前でピンと来なくても、彼の作品を見れば「ああ、あの騙し絵の作者だ」と気が付く方も多いと思います。例えばベルベデーレ(物見の塔)という作品。よく見ると1階の柱は左が手前で右が奥ですが、2階は左が奥で右が手前になっています。あり得ない摩訶不思議な三次元空間をさも現実に存在するかのように描いてしまう。それがエッシャーの騙し絵の魅力です。 続きを読む



オランダへの旅行準備

[2014/01/13] 各国現地ガイド

■オランダの治安旅行者を狙ったスリ、置き引き、ひったくりなどの軽犯罪は、アムステルダムなどの主要観光地や国際列車内、空港で発生しています。貴重品は安全な所に保管するか、移動の際は肌身離さずが基本。荷物は常に目の届く場所に置いておくよう心がけてください。参照:在オランダ日本大使館による安全の手引きhttp://www.anzen.mofa.go.jp/manual/netherlands.html#index2-3■コーヒーショップオランダでは、コーヒーや普通の飲み物を飲むところはカフェですが、コ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、クリスマス」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。