「オランダ、ロッテルダム、特徴」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、ロッテルダム、特徴」に関連する現地ガイド記事

オランダ、ロッテルダム、特徴に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、ロッテルダム、特徴の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

75年前のロッテルダムが蘇る。De Aanval(デ・アアンヴァル)

[2015/09/18] ミツフィ

オランダの主要都市であり、ヨーロッパの海運輸送の玄関口でもあるロッテルダム。ロッテルダムにはアムステルダムやデンハーグのようなアンティークな街並みが少なく、現代建築が多いのが特徴でしょう。その理由として、第二次世界大戦中の空爆でロッテルダム中心部の殆どが焼け野原になり、古くからの建築物が失われたことも一因でしょう。ロッテルダム空爆とは、1940年5月14日にドイツ空軍がオランダのロッテルダムに行った都市爆撃です。 続きを読む



名画とデザインを大らかに体感。ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

[2014/01/19] ミツフィ

オランダは美術館の数が大変多い国とも言われ、アーティストやデザイン愛好家から絶えず注目されている国です。オランダ第二の都市ロッテルダムでの代表的な美術館は、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館でしょう。1841年にロッテルダムの弁護士ボイマンスが市にコレクションを寄贈し、1958年に実業家ダニエル・ヴァン・ベーニンゲンもコレクションを寄贈。寄贈者の名を取り「ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館」と名づけられました。そして時代を経て各分野を充実させ、現在は中世絵画から近代美術、工芸品からインダ… 続きを読む



オランダを代表する現代建築!キューブ・ハウス

[2009/11/06] ミツフィ

オランダの重要都市ロッテルダム。他の街がアンティークな町並みが数多く残っているのに比べ、ロッテルダムでは現代建築やビルが多いのが目立ちますが、それには理由があります。第二次世界大戦でロッテルダムはナチス・ドイツの空爆を受け、昔からの町並みがほとんど消失しました。そのため伝統のレンガ造りの町並みよりも新規の建築が多いのです。 続きを読む



ウォーター・フロントのスノッブなブラッセリー・バー「Water」

[2008/02/07] ミツフィ

「Water」は、「ゴールデン・チューリップ・ロッテルダム・センター・ホテル」内のブラッセリー&バー。青い内装が目に爽やかなインテリアのコンセプトは、店名の通り「水」。水というテーマのもと、水道の蛇口がところどころにアクセントとしてちりばめられています。バー・カウンターのライトの根元をたどってみると蛇口だったり、コートかけにも蛇口のアクセント。そしてお店の看板の蛇口のオブジェも大変ユニーク。青を基調とした目に優しいインテリアと、水に関するユニークなオブジェは、私たちの心をほぐし目を楽しませてくれ… 続きを読む



世界中が注目するイベント!ロッテルダム国際映画祭!

[2008/01/15] ミツフィ

オランダ第二の都市ロッテルダム。近代的な建築が並び、オランダの各都市とはまた違った雰囲気を醸し出しています。さて、ここロッテルダムで毎年開催される世界的イベント。映画ファンなら誰もが知っている「ロッテルダム国際映画祭(International Film Festival Rotterdam)」です。ロッテルダム国際映画祭は、カンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、と並ぶ、ヨーロッパでトップ3に入る位置づけの映画祭です。毎年1月の終わりに開催され、10日間に500本近くもの作品が上映されるのです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、ロッテルダム、特徴」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。