「オランダ、庭園」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、庭園」に関連する現地ガイド記事

オランダ、庭園に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、庭園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

オランダ国王のオフィス。ノールドアインデ宮殿

[2018/07/14] ミツフィ

オランダの首都はアムステルダムですが、行政機関、国会、そしてオランダ王室はデン・ハーグに位置しています。日本と違い中枢機関が一極集中型ではないのがオランダの特徴とも言えるでしょう。ちなみにオランダの日本大使館を含む各国大使館も、主にデン・ハーグにあります。この街には数々の王室縁の場所や宮殿が存在します。オランダ国王の執務室があるのはノールドアインデ宮殿(Paleis Noordeinde)です。 続きを読む



オランダのカントリーホテルで癒しの休日

[2014/06/24] ミツフィ

豊富なコレクションが揃う美術館やレンガ造りの可愛らしい街々を訪ねるのは、オランダ旅行での醍醐味です。同時にオランダのカントリーサイドにも、素晴らしい自然や趣深い場所が多々あります。そしてそこには、自然に囲まれ心身共に癒してくれる素敵なホテルが点在しています。ドイツ国境に近いルッテにある『ホテル ヘット・クラウセルト(Hotel 't Kruisselt)』も、そんな隠れ家的な癒しのホテルです。 続きを読む



名画とデザインを大らかに体感。ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館

[2014/01/19] ミツフィ

オランダは美術館の数が大変多い国とも言われ、アーティストやデザイン愛好家から絶えず注目されている国です。オランダ第二の都市ロッテルダムでの代表的な美術館は、ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館でしょう。1841年にロッテルダムの弁護士ボイマンスが市にコレクションを寄贈し、1958年に実業家ダニエル・ヴァン・ベーニンゲンもコレクションを寄贈。寄贈者の名を取り「ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館」と名づけられました。そして時代を経て各分野を充実させ、現在は中世絵画から近代美術、工芸品からインダ… 続きを読む



ゆっくり散策したいゲーテ街道の街 フルダ

[2012/06/23] Kei Okishima

各駅から特急に、あるいは特急から各駅に乗り換えるとき、しばしばフルダで電車を降りる。駅名は知っていたしホームに下りたことは何度もあるが、駅を出たのは初めてだった。まず、駅前から真っ直ぐに延びる立派な大通りに驚いた。中心部は駅から近く、大きな宮殿や大聖堂が聳えている。古い建物が並ぶショッピング通りでは路上に張り出したレストランやカフェに人々が座って寛いでいる。ここはゲーテ街道Goethe-Strasseの町だ。ゲーテは人生の後半に住んでいたヴァイマールから生まれ故郷のフランクフルトへ帰るとき、中間… 続きを読む



まるでファンタジーの世界。オランダの名城、デ・ハール城

[2010/06/07] ミツフィ

漫画からゲーム、映画などファンタジー要素には欠かせないお城は、やはりヨーロッパならではのものですよね。そしてもちろんオランダにも風情ある素敵なお城がいくつもあります。中でもユトレヒト郊外のデ・ハール城(Kasteel de Haar)は、その中世風のロマンチックな建築で有名なオランダの名城。まさに私たち日本人がイメージに描く「ヨーロッパのお城」そのものです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、庭園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。