「オランダ、自転車」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、自転車」に関連する現地ガイド記事

オランダ、自転車に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、自転車の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

「みんなに愛される美術館」ができるまで〜アムステルダム国立美術館の舞台裏

[2017/07/04] テメル華代

アムステルダム国立美術館は、中世から現代にわたる8000点の芸術品を収蔵するオランダ最大の美術館です。レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など黄金時代の絵画が充実しています。赤レンガの美しいネオルネサンス様式の建物は、オランダを代表する建築家ピエール・コイペルス(1827-1921)によって1876年に設計されました。2004年から行われた大規模な改修工事では、コイペルス建築が創建当時の姿に蘇ったほか、インテリアの壁や床、天井の装飾も見事に復元されています。かつて迷路のように入… 続きを読む



眺めのいいカフェでセレブシェフのサンドウィッチを

[2017/06/27] ミツフィ

突然ですが、日本を訪れる外国人観光客に人気のスポットが「渋谷の交差点」というのはご存知でしょうか。彼らによると「交差点を行き交う人々の群れを見るのが大変興味深い」とのことです。日本人旅行者の場合も海外旅行先で「現地の人々の往来が見えるスポット」というのは興味深い場所ですよね。ユトレヒトの場合そのような場所はバイエンコルフの最上階にある「ザ・キッチン」でしょう。 続きを読む



自転車大国オランダの環境への取り組み

[2017/06/02] テメル華代

オランダの自転車事情をテーマにした前回の記事に続いて、自転車大国オランダの環境への取り組みについてご紹介します。EUは2020年までに域内の最終エネルギー消費の20%を再生可能エネルギーで供給するという目標を設定しています。エネルギーの安全保障や経済効果だけではなく、CO2排出削減という観点からも、再生可能エネルギーへのシフトが推進されています。オランダ政府も1960年代より、自動車から自転車へのモーダルシフトを推し進めてきました。自転車専用レーンや駐輪場などのインフラ整備が大規模に行われ、自動… 続きを読む



自転車大国オランダでサイクリングを楽しむ

[2017/05/16] テメル華代

オランダは世界屈指の自転車大国です。総人口1600万人に対して自転車の総数が1800万台と、国民一人当たりの自転車保有率は世界一と言われています。平坦な地形や温暖な気候、充実したインフラなど好条件のもとで、昔から自転車は人々の重要な移動・運搬手段として用いられてきました。九州ほどの大きさの国土に張り巡らされた自転車専用道路は35,000km(日本では3,000km)で、国民の半数が毎日の通勤・通学に自転車を利用しています。自転車専用の信号機や道路標識、ラウンドアバウトも整備され、街中に駐輪スタン… 続きを読む



ミッフィーの作者が愛したカフェ。オーロフ

[2017/05/04] ミツフィ

ミッフィーの作者ディック・ブルーナさんが2017年2月16日、故郷のユトレヒトで亡くなりました。享年89歳でした。このニュースは日本でも大きく取り上げられたと思います。ユトレヒトでは多くの人が、街が生んだ偉大なアーティストの逝去を悼み、街の北のミッフィー像には献花が捧げられました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、自転車」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。