「オランダ、自転車」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、自転車」に関連する現地ガイド記事

オランダ、自転車に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、自転車の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

冬の街を光で彩る☆アムステルダム・ライトフェスティバル

[2018/02/02] テメル華代

アムステルダムでは年に一度、年をまたいでアムステルダム・ライトフェスティバルが開催されています。2017年で6回目を数え、近年は年末年始の風物詩になりました。中心街のあちらこちらに光のアート作品が設置され、クリスマスや新年のイルミネーションとともに冬の街を明るく彩ります。作品はオランダ国内外のアーティストやデザイナー、建築家から募集され、フェスティバルの審査員により選定されます。2017-2018年のテーマは 'Existential' 。世界93カ国から1800点の応募があり、40点が選ばれま… 続きを読む



湖のほとりでオランダ名物パンネクックを

[2017/09/04] ミツフィ

干拓地の多いオランダでは運河の他に湿地帯も数多く存在します。オランダ名物の木靴は、元来は湿地帯での作業向けに作られたものです。このように水に縁がある国のなので湖沼も多く、周辺は人々の憩いの場として親しまれています。オランダ第4の都市ユトレヒト。中心部は中世からの伝統的な街並みが有名です。しかしそこから公共交通や自転車でちょっと足を延ばせば、やはり豊かな自然に巡り会えます。郊外のマールセフェーン湖は水が澄んでいることで有名で、夏場は湖水浴も楽しめます。 続きを読む



「みんなに愛される美術館」ができるまで〜アムステルダム国立美術館の舞台裏

[2017/07/04] テメル華代

アムステルダム国立美術館は、中世から現代にわたる8000点の芸術品を収蔵するオランダ最大の美術館です。レンブラントの『夜警』やフェルメールの『牛乳を注ぐ女』など黄金時代の絵画が充実しています。赤レンガの美しいネオルネサンス様式の建物は、オランダを代表する建築家ピエール・コイペルス(1827-1921)によって1876年に設計されました。2004年から行われた大規模な改修工事では、コイペルス建築が創建当時の姿に蘇ったほか、インテリアの壁や床、天井の装飾も見事に復元されています。かつて迷路のように入… 続きを読む



眺めのいいカフェでセレブシェフのサンドウィッチを

[2017/06/27] ミツフィ

突然ですが、日本を訪れる外国人観光客に人気のスポットが「渋谷の交差点」というのはご存知でしょうか。彼らによると「交差点を行き交う人々の群れを見るのが大変興味深い」とのことです。日本人旅行者の場合も海外旅行先で「現地の人々の往来が見えるスポット」というのは興味深い場所ですよね。ユトレヒトの場合そのような場所はバイエンコルフの最上階にある「ザ・キッチン」でしょう。 続きを読む



自転車大国オランダの環境への取り組み

[2017/06/02] テメル華代

オランダの自転車事情をテーマにした前回の記事に続いて、自転車大国オランダの環境への取り組みについてご紹介します。EUは2020年までに域内の最終エネルギー消費の20%を再生可能エネルギーで供給するという目標を設定しています。エネルギーの安全保障や経済効果だけではなく、CO2排出削減という観点からも、再生可能エネルギーへのシフトが推進されています。オランダ政府も1960年代より、自動車から自転車へのモーダルシフトを推し進めてきました。自転車専用レーンや駐輪場などのインフラ整備が大規模に行われ、自動… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、自転車」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。