「オランダ、銅像」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、銅像」に関連する現地ガイド記事

オランダ、銅像に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、銅像の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アムステルダムの「フォンデルパーク」で現地っ子になろう!

[2016/11/24] テメル華代

アムステルダムに数ある公園のなかで最も人気が高いフォンデルパーク。繁華街のライツェ広場やミュージアム広場のすぐ傍にあり、年間およそ一千万人の来園者が訪れます。百種類以上の樹々が生い茂り、緑のトンネルやバラ園、池に浮かぶ小島など訪れる度に新しい風景に出会えます。小動物や昆虫の生息地も保護されていて、春先になると日本では珍しいエジプトガンやバンの子育ても眺められます。住みよい環境のせいか、野生化したオウムが樹洞に住み着いたり、都会で探すのが難しいはずのコウノトリまで営巣しています。 続きを読む



ミッフィー生誕60周年!ミッフィー・アートパレード

[2015/08/10] ミツフィ

ミッフィー、またはうさこちゃんは誰もが知っている世界一有名なウサギでしょう。ミッフィーの生まれた国は御存知の通りオランダです。そして今年2015年はミッフィー生誕60周年の年なのです。ミッフィーのオランダでの正式名称はナインチェ(Nijntje)。今年はミッフィー生誕60周年を祝い、オランダ各地そして日本でも様々なイベントが行われています。中でもオランダでの見所は「ミッフィー・アートパレード」でしょう。180cmの真っ白なミッフィー像に、著名なアーティストやクリエーター達が各々のイメージでデコレ… 続きを読む



港にそびえる独創的なアンティーク建築。ホーフド塔

[2014/07/28] ミツフィ

アムステルダムから北へ35km、風光明媚な街ホールン。14世紀には都市権を持ち、17世紀にはオランダ東インド会社の重要拠点であったという華やかな歴史に包まれた街でもあります。17世紀の栄華を色濃く残す町並みを眺めつつ港に向かって歩いていくと、やがて半円形の特徴的な建築が目に飛び込んできます。ホールン名所のうちのひとつであり、オランダの文化財建築にも指定されているホーフド塔(Hoofdtoren)です。 続きを読む



オランダはここから始まる!ユトレヒト同盟締結“アウディトリアム”で歴史を感じる

[2008/09/25] ミツフィ

皆さんは「ユトレヒト同盟」をご存知ですか?世界史に詳しい方なら何となく思い出すかもしれません。このユトレヒト同盟はオランダにとって大変重要な歴史の一コマです。何故ならこのユトレヒト同盟がオランダという国への始まりだからです。現在オランダがある地域は古来ネーデルラント(低地地方)と呼ばれ、ローマ帝国領からフランク王国領、カロリング王朝領、ブルゴーニュ公国領という風に、長い間大国の領土の一部でした。 続きを読む



ミッフィーの信号や銅像まで!ミッフィーの故郷ユトレヒト

[2007/12/21] ミツフィ

オランダで一番有名なウサギといえば、御存知ミッフィーです。日本にも沢山ファンがいますよね。さてミッフィーの故郷といえばオランダ中央の街ユトレヒト。「ディック・ブルーナ」ハウスなど、ミッフィー・ファンにはたまらない街です。ちなみにミッフィーのオランダ名、つまり本名は「ナインチェ(Nijntje)」。意味は「ちっちゃなウサギ」で、まさしく日本の絵本で訳されている「うさこちゃん」なのです。「うさこちゃん」は名訳と言えます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、銅像」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。