「オランダ、音楽」に関連する現地ガイド記事

「オランダ、音楽」に関連する現地ガイド記事

オランダ、音楽に関する現地ガイド記事を集めました。オランダ、音楽の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

アムステルダムの「フォンデルパーク」で現地っ子になろう!

[2016/11/24] テメル華代

アムステルダムに数ある公園のなかで最も人気が高いフォンデルパーク。繁華街のライツェ広場やミュージアム広場のすぐ傍にあり、年間およそ一千万人の来園者が訪れます。百種類以上の樹々が生い茂り、緑のトンネルやバラ園、池に浮かぶ小島など訪れる度に新しい風景に出会えます。小動物や昆虫の生息地も保護されていて、春先になると日本では珍しいエジプトガンやバンの子育ても眺められます。住みよい環境のせいか、野生化したオウムが樹洞に住み着いたり、都会で探すのが難しいはずのコウノトリまで営巣しています。 続きを読む



北の街の歴史的カフェ。ハウス・デ・ビュース

[2016/07/05] ミツフィ

オランダでは歴史的・文化的に価値のある建築は、国や自治体によって登録され保護されています。それらの建築は現在も博物館・美術館をはじめ、ホテルやレストラン、カフェ、及び一般住居などに活用され、オランダ国内に多数存在します。今回紹介するのは、オランダ北方の街フローニンゲンにある「ハウス・デ・ビュース(Huis de Beurs)」です。ハウス・デ・ビュースは、フローニンゲン市街中心部「フィスマルクト」の近くにあるカフェ・レストラン、及び多目的施設です。19世紀末に着工の建物は、基礎自治体遺産として登… 続きを読む



オランダを代表する近・現代アートの美術館。アムステルダム市立美術館

[2016/03/22] ミツフィ

アムステルダムのミュージアム広場は、オランダを代表する美術館が集まり、道路を挟んだ向かいにコンセルト・ヘボウを臨む、アムステルダム観光のハイライトのうちの一つです。広場をそぞろ歩くと国立美術館やゴッホ美術館に続き、特徴的な現代建築が目に入ります。まるで巨大なユニットバスのような外観です。この斬新な建物が今回紹介するアムステルダム市立美術館 (Stedelijk Museum Amsterdam)です。 続きを読む



カリブ海に浮かぶフレンチ・ダッチの小島、セントマーチン島

[2013/02/19] りんみゆき

カリブ海の小アンティル諸島北部に位置するセントマーチン島。コバルトブルーのうっとりする絵葉書のようなビーチの景色だけでなく、島内がフランス領とオランダ領に分かれているおもしろい島なのです。特に有名なのは、頭の真上を着陸寸前の飛行機が通過するマホビーチ。オランダ領にあるプリンセス・ジュリアナ空港には国際線が離着陸するので、ボーイング747などの巨大な飛行機を真上に見ることができるのです!離陸の時は滑走路から道を挟んだビーチにいても強いジェットブラストで飛ばされそうになるので特に小さい子は注意が必要… 続きを読む


2013年はワーグナー、ベルディの生誕200周年!記念イベントで彼らの作品を楽しもう

[2013/02/14] バレンタ愛

1813年に生まれた2人の偉大な音楽家、リヒャルド・ワーグナーとジュゼッペ・ヴェルディ。この2人の生誕200周年を祝い2013年はオーストリア各地でも様々なイベントが開催されます。国立オペラ座ではワーグナーの作品としては子供向けのオペラ「Die Feen」をはじめ、5月に6月にかけて「さまよえるオランダ人」「トリスタンとイゾルデ」「PARSIFAL」その他に指輪シリーズの「ラインの黄金」「ワルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」が、ヴェルディの作品は「シモンボッカネグラ」「仮面舞踏会」「椿… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オランダ、音楽」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。