「オリボルン」に関連する現地ガイド記事

「オリボルン」に関連する現地ガイド記事

オリボルンに関する現地ガイド記事を集めました。オリボルンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

わいわい楽しく!ユニークなオランダの大晦日!

[2009/12/09] ミツフィ

特に大晦日の日中は、オリボルン屋台に行列が出来る光景を目にします。整理券などが配られ、オリボルン屋台の行列を見ると「ああ今年も終わったな」と現地の人は実感することでしょう。また各家庭で作ることもよくあります。オランダの大晦日はオリボルンをつまみながら、家族や友人達とドリンクを片手に過ごします。また各地のカフェやレストランで開かれる大晦日のイベントなどに出向く人、ひたすら飲み歩く人など過ごし方は様々です。オランダではクリスマスは静かに過ごし、大晦日の方がわいわい楽しく過ごすムードと言っても過言では… 続きを読む



オランダの大晦日は花火とオリボルンで!

[2008/11/18] ミツフィ

さて、大晦日恒例のオリボルンは主に各家庭で作りますが、もちろん屋台でも売られています。晩秋になるとオリボルン屋台が登場し、小腹をすかせた市民がつまむ姿をよくみかけます。1個70セントから1ユーロ。粉砂糖をかけて食べます。「OLIEBOLLEN」や「Gebakkraam」という看板の甘〜い香りの漂う屋台を見つけたら、さっそくトライしてみましょう。食感は普通のドーナツとはちがい、外側はかりっと、中はモチモチッとした感触。クセになった人は「またオリボルンをオランダで」と、思いを馳せるとのこと。大晦日に… 続きを読む



年越しは花火とスイーツで!オランダの“オリボルン”

[2007/12/04] ミツフィ

さて大晦日といえば日本では年越し蕎麦。オランダにも大晦日の食べ物があります。それは「オリボルン」と呼ばれる、オランダ式の揚げドーナッツです。オランダの大晦日は、オリボルンをつまみながら、午前0時に花火、一晩中飲んで、元旦は二日酔い。もちろん大掃除はありません。それがオランダの伝統的な過ごし方。オリボルンは主に各家庭で作りますが、もちろん屋台でも売られています。晩秋になるとオリボルン屋台が登場し、小腹をすかせた市民がつまむ姿をよくみかけます。1個70セントから1ユーロ。粉砂糖をかけて食べます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オリボルン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。