「オーストリア、ウィーン、暮らし」に関連する現地ガイド記事

「オーストリア、ウィーン、暮らし」に関連する現地ガイド記事

オーストリア、ウィーン、暮らしに関する現地ガイド記事を集めました。オーストリア、ウィーン、暮らしの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

フランツ・リストとエステルハーズィ侯爵家ゆかりの地ショプロン

[2014/08/05] Hiromi

オーストリアとの国境の町ショプロンはハンガリーきっての大貴族エステルハーズィ家ゆかりの地であると同時に、作曲家フランツ・リストゆかりの地でもある。ショプロンはエステルハーズィ家の「夏の館」と「冬の館」の2つの城の丁度中間に位置している。リストの父アーダムはエステルハーズィ侯爵に仕える事務官だったがアマチュア音楽家でもあり、同家が抱える宮廷楽団でチェロを弾いていた。19世紀後半から第一次世界大戦終結まで続いたオーストリア=ハンガリー二重帝国時代、この辺りでは皆ハンガリー人、オーストア人の区別なく暮… 続きを読む



フランツリスト生誕200周年!美貌と才能を兼ね備え貴婦人を酔わせた男の軌跡

[2011/04/19] ケイ

その美貌、その演奏ぶり、音楽的才能で人々を惹きつけた天才ピアニスト、リスト・フェレンツ。多くの優れた曲を書いた作曲家でもある。ショパンをはじめメンデルスゾーン、ベルリオーズ、シューマンなど、リストと同時代の著名な音楽家たちも彼の演奏を聴いて驚き、褒め讃えた。巷ではリストには指が6本あると噂されていたそうだ。今でも「ラ・カンパネラ」などを素人が聴くと、手が3本なければ無理と思ってしまう。世界的に熱狂的ファンが多いリストは1811年に現在はオーストリア領のライディング(当時はハンガリー領ドヴォルヤー… 続きを読む



名誉の牢獄暮らし ハイデルベルク大学の学生牢

[2008/08/25] Kei Okishima

学生が大学によって裁かれる?!そんな時代がドイツではあった。ドイツで一番古い大学は、1386年創立のハイデルベルク大学である。その当時、ドイツは神聖ローマ帝国と呼ばれており、現在のオーストリアやチェコなども含む広大な領土だった。その帝国で最初に創立された大学はプラハのカレル大学(1348年)で、次にウィーン大学(1365年)が、そして3番目にハイデルベルク大学が誕生した。その後神聖ローマ帝国は解体し、プラハとウィーンは別の国になったため、ハイデルベルク大学がドイツ最古の大学となった。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 オーストリア、ウィーン、暮らし」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。