「カクテル」に関連する現地ガイド記事

「カクテル」に関連する現地ガイド記事

カクテルに関する現地ガイド記事を集めました。カクテルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

期間限定の穴場リゾート!ニュードナウのビーチカフェクラブ「Vienna City Beach Club」

[2019/05/28] バレンタ愛

駅からは少し遠いのと行き辛いのが難点ですが、天気のいい日にゆっくりお散歩がてら歩いてみると気持ちいいドナウインセル周辺。ウィーン市内、そして中心部から地下鉄で10分なのに、リゾート気分たっぷりです。昼間は子連れファミリーやスポーツをする人が集まって来るこの場所。ビーチバレーのコートがあったり、砂浜ビーチが再現されてビーチチェアが置かれていたりするので、気分はまるでビーチリゾート!砂があって遊べたり、水位が浅い所もあるので子連れでも遊べるのが嬉しいですね。大人たちもカクテル片手にビーチチェアで寛い… 続きを読む



接客良し、味良し。イタリアンタパスバーレストラン『HOSTARIA URBANA』

[2019/05/15] 竹内真里

店内は緑色の椅子やタイル、小さな観葉植物が壁や棚にディスプレイされ、ホッとします。カウンター席、テーブル席、日当たりの良いテラス席があります。こぢんまりとしていますが、狭苦しい雰囲気はありません。なお、営業時間は昼の部と夜の部に分かれています。ランチタイムは、前菜、メイン、デザート、本日のメニューなどがあり、食事が可能です。夜の部は、オードブルやタパス、カクテルが中心のバーになります。気になる料理のスタイルは、イタリアはベニスの素材を取り入れた創作料理といったところでしょうか。タパスはイタリアの… 続きを読む



『これぞバンコク!』な景色を眺められる特等席で頂くタイ料理!

[2019/05/01] 根本聡子

THE DECKの上はルーフトップのバーになっていて、こちらもレストランと同じく大人気。レストランで食事した後、軽く飲み直すのにぜひ利用してほしいスポットです。ビールをはじめ、ワインやオリジナルのカクテルが楽しめて料金は140バーツ(約490円)〜ととってもリーズナブル。バンコク市内のホテルのルーフトップバーで飲むとその倍はかかるので、ホントは教えたくない穴場です(笑)。レストランもバーもオープンエアーになっているのでどの席からもワットアルンを眺めることはできますが、正面に見られる特等席は予約必… 続きを読む



すでに地元の人たちで大賑わい、ナポリタンピザのお店

[2019/04/25] 大山真理

店内にはバーもあるので、フードをオーダーしなくても、軽く飲みたいと思ったときに気軽に立ち寄れるのも、うれしい。カクテルディレクター、ニック・メイヤーさんのクラフトカクテルは、とてもきれいで、リフレッシュできる。また、オーナーのケイトリンさんがセレクトしたワインは、ナチュラルやオーガニックはあたりまえ。自然の大きなパワーを取り入れて土地や植物の活力を最大限に引き出す、究極の有機栽培農法、バイオダイナミック農法を使ったワインのセレクションがすごい。一度、ぜひお試しあれ。 続きを読む



肉好き必見!シェムリアップでシュラスコ、クロコダイル料理を楽しむなら

[2019/03/07] HARU

メニューがとにかく豊富な「The Chef 1950 n Steakhouse」。ステーキをはじめとする肉料理のみならず、中華料理も看板メニューとなっており、点心から炒め物・煮物まで揃っています。「がっつり肉食派」と「あっさり食派」の人が一緒のグループ旅行の際にも安心。思い思いに好きなものを頼んでお楽しみください。さらに特筆すべきは、色鮮やかなカクテルのバリエーション。カラフルで明るい店内の雰囲気と相まって、綺麗な写真が撮れるはず。SNSにアップすれば、「それ、どこのお店?」と聞かれるかも。肉好… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カクテル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。