「カトリック」に関連する現地ガイド記事

「カトリック」に関連する現地ガイド記事

カトリックに関する現地ガイド記事を集めました。カトリックの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

6月24日はサン・フアンの祭りで盛り上がろう!

[2019/05/07] 原田慶子

6月24日は「サン・フアンの日」。サン・フアンとはカトリックの聖人、サン・フアン・バウティスタ(洗礼者ヨハネ)のことだ。インカを滅ぼしペルーを手中に収めたスペイン人たちは、経済的支配と同時にキリスト教による教化を推し進めた。その時宣教師たちがペルー・アマゾン布教の“鍵”に据えたのが、サン・フアン・バウティスタである。ヨルダン川の岸辺でイエス・キリストに洗礼を授けたという彼の逸話は、アマゾン川を人生の拠り所とする人々の心を捉えた。ペルー・アマゾン全域の守護聖人でもあるサン・フアン・バウティスタ。彼… 続きを読む



踊って歌って春の到来を祝うケルンのカーニバル

[2019/02/16] シュピッツナーゲル典子

今回お伝えするケルンのカーニバルは、デユッセルドルフ、マインツと並んでドイツの三大カーニバルのひとつです。仮装パレードの規模や観客数も飛びぬけて多く、市民も毎年心待ちにしている冬の一大イベントです。カーニバルの期間は通称「第五の季節」と呼ばれ、毎年11月11日11時11分から始まり、翌年2月あるいは3月の灰の水曜日に終了します。その呼び方も様々で「ファッシング」「ファスナハト」「カーニバル」と、地方によって異なります。ドイツの寒い冬を追い払い、春の到来を祝う伝統的なお祭りとして始まったカーニバル… 続きを読む



動物の行列がみられるカタルーニアの伝統行事 "TRES TOMBS"

[2019/02/01] 鈴木美佐子

TRES TOMBは聖アントニウス(Sant Antoni Abat)の祭りとなります。聖アントニウスは3〜4世紀ごろ活躍したカトリック教会の聖人です。病気の動物を治したことでも知られ、動物の守護聖人とされています。1月17日が命日となり、スペインではこの日がSANT AONTONIの聖人の人されています。当日教会には自分のペットを連れた飼い主が集まり、この特別な日に動物たちが祝福を受けるため、長い列を作るのが有名です。 続きを読む



世界遺産都市レーゲンスブルク、見逃せない教会たち

[2018/11/22] 吉村 美佳

レーゲンスブルクは、今でこそカトリックですが、150年間、プロテスタントの街でした。この教会は、南ドイツにある最も古い、(新築の)プロテスタントの教会、ということになります。かつ、神聖ローマ帝国の新築として建てられた教会の中では最古のものになります。1627年から4年半をかけて建てられました。当時のヨーロッパはお金がなく、カトリックの教会を改造して、プロテスタントの教会を造るのが一般的であった中、この三位一体教会(Dreieinigkeitskirche)は、新築です。昔からそこにあったかのよう… 続きを読む



クリスマスイルミネーションで知られる 眺望も抜群の洞窟庭園「グロット」

[2018/10/06] Rika Higashi

ポートランドにある庭園「ザ・グロット(The Grotto)」は、正式名称を「ザ・ナショナル・サンクチュアリー・オブ・アワ・ソローフル・マザー(The National Sanctuary of Our Sorrowful Mother)」というカトリック教派のサンクチュアリーです。通称となっている「グロット」とは、日本語で窟(いわや)、つまり岩壁にできた洞穴のこと。創立者のメイヤー神父は、110フィート(約33.5メートル)もの高さになる岩壁のあるこの場所が「自然の大聖堂」だと考え、母を救って… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カトリック」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。