「カナダ、バンクーバー、カフェ」に関連する現地ガイド記事

「カナダ、バンクーバー、カフェ」に関連する現地ガイド記事

カナダ、バンクーバー、カフェに関する現地ガイド記事を集めました。カナダ、バンクーバー、カフェの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

一味違う旅を!ユニークな店が並ぶフルフォードハーバー

[2010/07/23] 西澤律子

夏にバンクーバーを訪れるなら、ウィスラー、ビクトリアだけでなく、ぜひ足をのばしていただきたいのが、ソルトスプリングという島。特に何か一味違うおもしろい旅をしたいという人におすすめの場所です。というのも、この島にはアーティストやヒッピーなどユニークな生き方をしている人々が多く移り住んでいて、豊かな自然の中で楽しい雰囲気をかもし出しているからなのです。言い換えると、変人度が高いと申しますか・・・とにかく、島の人々がのびのびと生きる姿を見るだけでも、ここへ来る価値はあるような気がします。 続きを読む



ルピナスが広がる初夏のジェリコビーチでリラックス

[2010/03/24] 西澤律子

ダウンタウンの喧噪からちょっと離れて、それでいて、そんなに中心部から遠くない場所で自然を楽しみたいというなら、おすすめなのがジェリコビーチ。ダウンタウンからバスで20分ほどで行けるこのビーチは、その手前にあるキツラノビーチほどにぎやかでもなく、草原や緑もあって、ほっこり落ち着ける場所です。特筆すべきは初夏のルピナスのお花畑!6月あたりになると、森とビーチの間の草原が、紫と白のグラデーションで染まります。 続きを読む



カフェで絵を描く!イエールタウンの秘密の隠れ家アートカフェ

[2009/11/13] 西澤律子

イエールタウンといえば、バンクーバーの食、ファッション、ライフスタイルといったさまざまなシーンにおいて、トレンド発信の中心であるエリア。通りを歩いていると、”Nice People ONLY!”と書かれたイーゼルに載った黒板が。それに続くは、"and hungry people!"の文字。「むむむ、これはなにやらおもしろそうだぞ」と中に入ってみると、白いペンキをざっくり塗った煉瓦造りの壁に、素敵な色合いのベルベットのソファ、ピンクをあしらった窓際のスペース・・・と、落ち着いた雰囲気の中、なんとも… 続きを読む



アートだけじゃないカフェも素敵なバンクーバーアートギャラリー

[2009/08/04] 西澤律子

ダウンタウンでお茶となった場合、手近なところとなれば、スターバックスかBrenzあたりに行ってしまいがち。特にスタバはバンクーバーの街角の至るところにあります。だからこそ、バンクーバーしかない、そしてバンクーバーらしい素敵なカフェをダウンタウンで探したい。そんなとき、一押しなのが、バンクーバー・アートギャラリーの2階にあるギャラリーカフェ。 目抜き通りのロブソンストリートのすぐそばにありながら、2階のょっと見えないところにあるために、ダウンタウンのど真ん中にこんなおしゃれなカフェがあったことに、… 続きを読む



遊び心満載!バンクーバー・アートギャラリーのストア

[2009/07/30] 西澤律子

カフェも人気の魅力満載バンクバー・アートギャラリー。その楽しさは、遊び心いっぱいのストアにもあり。ギャラリーの横、1階にあるギャラリーストアには、ポスターやポストカード、カレンダーなどのペイパーグッズをはじめ、ジュエリーやバッグなども盛りだくさん。私はカレンダーは毎年、年末になるとここで買うようにしています。ユニークなラインナップで、アート系だけでなく幅広く、いろんなデザインのものがそろっているので見ているだけでも十分楽しめます。カレンダーを購入するならクリスマスを過ぎたころに行くとディスカウン… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カナダ、バンクーバー、カフェ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。