「カフェ、ニューヨーク」に関連する現地ガイド記事

「カフェ、ニューヨーク」に関連する現地ガイド記事

カフェ、ニューヨークに関する現地ガイド記事を集めました。カフェ、ニューヨークの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

メルヘン街道マールブルクで見つけた!また泊まりたくなる居心地満点の豪華ホテル

[2018/05/26] シュピッツナーゲル典子

マールブルクは、グリム兄弟が法学を学んだ名門大学のある人口7万人ほどの大学都市。旧市街は石畳の坂道や迷路のように網羅する路地が多く、歴史的な木組みの家屋がひしめき合っている。メルヘン街道の中心地カッセルからアクセスしやすいこの街は童話ファンにも根強い人気を博し、まるで絵本に出てくるような街並みが特徴だ。この街の観光ハイライトは2本の尖塔が目印の聖エリザベート教会。13世紀中頃、テューリンゲン方伯に嫁いだハンガリー王女エリザベートは夫の死後、居住地ヴァルトブルク城を追放された。その彼女に手を差し伸… 続きを読む



世界一美しいと謳われたカフェ・ニューヨーク、今も健在

[2018/03/19] Hiromi

ブダペストは知る人ぞ知るカフェ文化の街。ウィーンのカフェ文化はよく知られているが、それと似た文化がブダペストにも見られる。ヨーロッパでカフェが流行り出したのは19世紀頃からで、特に19世紀末にはどこの都市にも続々とカフェが出現し、その街独自の文化を形成していった。パリのキャフェは若き政治家たちの溜まり場となり、市民革命の拠点となっていった。これに対してロンドンのコーヒーハウスはジャーナリストたちが集まり、ウィーンのカフェは作家たちが文学論を交わす場所になった。19世紀後半、ハンガリーはオーストリ… 続きを読む



地下鉄では初めての世界遺産であるブダペスト地下鉄1号線

[2018/01/16] Hiromi

ハンガリーの世界遺産は8か所あるが、その一つがブダペストで正式名称は「ドナウ河岸、ブダ城地区及びアンドラーシ通りを含むブダペスト」である。ドナウ河岸とブダ城地区は1987年にホッローケー村と共にハンガリーで初めて世界遺産に登録された。その後ハンガリー政府はペスト地区のアンドラーシ通りと、その地下を走る、建国千年を記念して建設された地下鉄1号線も世界遺産へと拡大登録を申請した。2002年にこれが認められ「アンドラーシ通りと1千年記念地下鉄Andrassy Avenue and the Millen… 続きを読む



高鐡新竹 竹北へことリップ

[2017/10/11] まさこ

台湾で高鐡ができてから5年あまり。高鐡駅周り都市開発も進みどんどん美しい街が広がっています。高鐡は市街地から離れたところを開発して行ったので、元々は、ほとんどが、畑とかしかない、何もない地区だったため開発速度が恐ろしく早い。特に、台湾きってのサイエンスパークが隣接する新竹エリアは、駅前に広がる高級マンション群を見てもわかる通り、若くて美しい街並みが広がっています。そこは、いわゆる台湾ぽさがなく、ニューヨークのパークアヴェニューのような(ちょっと盛りすぎ?)感じでオシャレなカフェ レストランがそこ… 続きを読む



新しくなったワイキキのインターナショナル・マーケット・プレイス

[2017/02/08] 綱島モミ

2013年の年末にクローズして、ずっと改装工事を行っていたインターナショナル・マーケット・プレイスが、2016年8月25日についに再開業しました。以前は屋台のようなお店が多く、南国特有のどこか雑多で活気があふれる雰囲気の場所でした。そんなインターナショナル・マーケット・プレイスが、すっかりと生まれ変わり、現代的な新しい憩いの場としてワイキキに戻ってきました。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カフェ、ニューヨーク」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。