「カフェ、外観」に関連する現地ガイド記事

「カフェ、外観」に関連する現地ガイド記事

カフェ、外観に関する現地ガイド記事を集めました。カフェ、外観の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ウィーンのお薦めホテル、この上なく観光に便利なホテル・アストリア

[2019/06/10] Hiromi Okishima

イギリスの定期刊行物「エコノミスト」の調査部門と、アメリカのコンサルティング会社マーサーが毎年選んでいる“世界で最も住みやすい街”で、ウィーンは何度も一位になっている。住みやすい街は行きたい街といえる。昨今、ヨーロッパの人気観光都市でテロが相次いていることを思うと、一度もテロ事件が起こっていないオーストリアは旅行者にとって比較的安全な国で、ウィーンは安心して観光できるともいわれている。言うまでもなくウィーンはあらゆる面で魅力的だ。音楽はもちろんのこと、建築、絵画、デザインなどで優れた文化があり、… 続きを読む



ドレスデン旧市街観光にお薦めのブティックホテル

[2019/04/07] 沖島博美

ここはドレスデン旧市街のど真ん中。フラウエン教会、ドレジデンツ城、アルテ・マイスター絵画館や陶磁器館があるツヴィンガー宮殿、国立歌劇場ゼンパーオーパー、エルベ河畔のブリュールのテラス、ノイエ・マイスター絵画館があるアルベルティヌム、三位一体大聖堂、交通博物館など、ドレスデン観光のほとんどが集まっているのがこのノイマルクトNeumarkt辺りだ。こんなに場所にホテルがあったらとっても便利。もちろん、ホテルはいくつかある。そんな中で、今回お薦めしたいのがこのヴィエナ・ハウス・QFドレスデンだ。ノイマ… 続きを読む



お洒落化が進む高原の町カローに、素敵ホテルが続々誕生

[2019/03/15] 板坂真季

シャン州のカローは英領時代の避暑地。以前からトレッキングの拠点としてヨーロッパ人観光客に人気が高かったが、ここ数年、ミャンマー人のハネムーン先として注目を集めている。というのも、英領時代のコロニアル建築を利用したホテルが次々と改装ないしはリニューアルオープンし、インスタ映えすると評判を呼んでいるのだ。婚前に行う、ウェディング写真撮影旅行のロケ先としてもよく利用されている。■アマラマウンテン・リゾート/Amara Moutain Resort住所:10/182 Thida Rd., Westen … 続きを読む



最近日本でも注目を浴び始めた「嗅ぎタバコ」とレーゲンスブルク

[2019/02/03] 吉村 美佳

ここ、レーゲンスブルクでも最も重要な役割を果たした家系、というのがいくつかありますが、その一つが「ツァント」という貴族です。13世紀に建てられたこの家は、ロマネスク様式に後期ゴシック様式がふんだんに取り込まれたもの。1771年に、公爵一家トゥルン・ウント・タクシスが買い取り、図書室、古文書館として使用していたものを、1812年に売却。それを買い取ったのが、ベアナルド兄弟です。そして、その建物を改築せずそのまま嗅ぎタバコの工場にしたのだとか。嗅ぎタバコを製造する際に、6.5トンもの重さの樽がいくつ… 続きを読む



フォトジェニックな「ガラスの橋」も!タコマ「ガラス博物館」

[2018/12/06] Rika Higashi

ワシントン州タコマ(Tacoma)は、ピュージェット湾入江にある港町。今年の11月に改修工事を終え、再オープンしたコンサートホール「タコマ・ドーム」が街のランドマークになっています。シアトルからタコマは、車で南に約1時間弱。日本からシアトルへの直行便が就航する「シアトル・タコマ国際空港(Sea-Tac Airport)」があるのは、シアトルとタコマの中間辺りです。観光地としては、それほど知られていないタコマですが、湾岸も美しく、実は見所が点在しています。今回は、タコマ出身のガラスアーティスト、デ… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カフェ、外観」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。