「カフェ、店内」に関連する現地ガイド記事

「カフェ、店内」に関連する現地ガイド記事

カフェ、店内に関する現地ガイド記事を集めました。カフェ、店内の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

恐竜好きは見逃せない!駅近「国立台湾博物館〜土銀展示館」通称【恐竜博物館】

[2017/10/13] 中園 まりえ

国立台湾博物館の向かいにあるギリシャ神殿風の大きなビルが、現在の【土銀展示館】です。この建物は、日本統治時代に日本勧業銀行の台北支店として建てられました。戦後は台湾土地銀行本店として利用されていましたが、1989年に台湾政府がこの建物を三級古跡に指定。その後、改修工事を経て、2010年1月、国立台湾博物館の別館【土銀展示館】として生まれ変わりました。同館では、台湾金融発展史の中で土地銀行が果たしてきた役割がわかりやすく展示され、銀行時代の金庫室まで拝見できます。また館内には、恐竜や古代生物の化石… 続きを読む



ベナレスの超おすすめレストラン!ロマズカフェ・ダイナー

[2017/09/27] 鈴木千晶

ベナレスの市街の南側にはバナーラス・ヒンドゥー大学という大きな大学があるのですが、その前に広がるエリアはランカーと言って、道路沿いにいろいろなお店が並ぶマーケットになっています。このエリアには最近いろいろと新しいレストランができていて、どんどん賑わってきているのですが、また新しいレストランがあらわれました!ロマズカフェ・ダイナーというそのレストラン、外観といい雰囲気といい…今までのベナレスのレストランとはちょっと違った感じ…。これはかなり期待できそうです! 続きを読む



17世紀オランダ発祥のお酒「イェネーファ」

[2017/09/07] テメル華代

オランダのアルコールといえばハイネケンやグロールシュなどのビールが有名ですが、オランダ産オーガニックワインや王室御用達のオレンジビターズ、老舗レストランの自家製リキュールなど隠れた銘酒もあります。なかでもぜひ味わっていただきたいのは、ジンの起源になったイェネーファ(jenever)です。オランダが海上帝国として名を馳せた17世紀に、もともとは熱帯性熱病の薬として開発され、船乗りや植民地で働く人々に薬用酒として普及しました。やがてその爽やかな味わいが人気を博し、嗜好品として愛飲されるようになったの… 続きを読む



子連れのデュッセルドルフ街歩き

[2017/09/01] りんみゆき

ドイツの西部にある経済都市デュッセルドルフには成田から直行便で約12時間。経済都市とあって、ヨーロッパ最大の日本人街もあるので、もし旅行中に和食が恋しくなっても大丈夫。市庁舎のあるマルクト広場やアルシュタット(旧市街)の石畳を歩いていると、経済都市なんていう堅苦しい響きとは無縁な、古くてかわいい町並み。チョコレートパスタが売っているチョコレート屋さんも、あった!クリスマスマーケットの時期は賑やかで幻想的。 続きを読む



ハワイアン・アロマ・カフェとアクセス・サーフの素敵なコラボレーション!

[2017/08/29] 綱島モミ

2011年、コーヒー愛好者によってスタートしたHawaiian Aroma Cafe (ハワイアン・アロマ・カフェ)。2016年に3店舗目として、ワイキキ・カラカウア通り沿いにあるホテル、ホリデイ・イン・ビーチコマー内にオープンしました。賑やかなワイキキの中にありながらも、すっきりとした気持ちの良い、おしゃれな空間です。素敵なインテリアの店内で本格的なこだわりのコーヒーを味わい、ほっと一息つくのはいかがでしょうか。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カフェ、店内」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。