「カフェ、植物園」に関連する現地ガイド記事

「カフェ、植物園」に関連する現地ガイド記事

カフェ、植物園に関する現地ガイド記事を集めました。カフェ、植物園の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産検討中の橋がある海辺の町クイーンズフェリー

[2015/01/05] メアリー

エディンバラを地図で見ると海沿いというイメージがありますが、実は観光名所となっているお城や植物園は内陸部に位置します。よく海を見たいという観光客の方がいますがそんな方にお勧めがこちら。エディンバラ中心街より、電車や車で30分程、最近開通した公共バスでも約1時間の距離にある海辺の町は、週末になると家族連れやツーリングを楽しむ人達で賑わっています。歴史的に重要な地であり、北部への移動の手段である橋があるのもここです。小さな町なので半日もあれば周ることができる気軽に立ち寄れる観光名所をご紹介します。 続きを読む



世界で一番大きな温室!世界の植物を集めたエデン・プロジェクト

[2014/10/20] ディキンソン恵子

陶土の鉱山跡を利用して建設された、エデン・プロジェクト。イングランド南西部のコーンウォール州にあり、環境保護をテーマとした複合施設で、2001年の開園以来、イギリス国内でも人気のある観光地です。特に目を引くのは、半球体のバイオームと呼ばれる2つの巨大な温室植物園。熱帯雨林と地中海性気候がそれぞれに再現され、世界の植物が集められています。その他にも、季節によって咲き変わる草木が屋外に広がり、庭園に興味があるならもちろんのこと、建築、環境問題、そしてアートに興味のある人にもオススメです。 続きを読む



エディンバラ、注目スポット!

[2013/09/06] メアリー

中心街のプリンシーズストリートから徒歩約20分のところに位置するストックブリッジ。週末になるとマーケットが開かれている他、雑貨屋、レストラン、パブ、チャリティーショップ等があり老若男女で賑わっています。国立植物園からも徒歩圏内にあり、バスも走っているので便利です。公園からストックブリッジに向かう途中にあるインバレースと呼ばれる小高い丘からは、エディンバラ市街、お城を眺めることができ、お奨め絶景ポイントです。白鳥が優雅に泳いでいる池をのんびり眺めながらの日向ぼっこは最高です。 続きを読む



花咲く季節に訪れたい!歴史薫る由緒正しき植物園

[2013/08/08] 西川さや香

「舞台芸術や観光名所はいくつもあるけれど、実はモスクワのお勧めは公園なの」。若い人も年配の人も声をそろえて勧めるのが、公園での散歩。青空のもと、爽やかなそよ風が頬をなでる季節のいい時期はもちろん、雪ですべてが覆われる冬の時期もロシア人は大の散歩好き。以前にも世界遺産で名高いコローメンスコエ、モスクワの小ヴェルサイユと謳われるクスコヴォなどを紹介してきましたが、今回は更にとっておきの場所をご紹介!さあ、日本のガイドブックには載っていない穴場スポットへと参りましょう。 続きを読む



シンガポール滞在を満喫するための一番のおすすめ

[2013/01/17] 葛西玲子

シンガポール滞在を満喫するコツは?と聞かれることがときどきありますが、そんなとき私はすかさず ”早起きすること!”と答えます。年間を通じて高温多湿の気候では、日が昇る前の早朝がなんといっても一番気持ちよく過ごせる時間なのです。旅行中くらい時間を気にせずにのんびり寝坊したい!!という方もいると思いますが、是非ともおすすめしたいのは、早起きして午前中の比較的凌ぎやすい時間にアクティビティを終えて、午後の暑い時間にはのんびりとプールサイドで午睡・・というようなトロピカルな過ごし方です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カフェ、植物園」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。