「カンジャンケジャン」に関連する現地ガイド記事

「カンジャンケジャン」に関連する現地ガイド記事

カンジャンケジャンに関する現地ガイド記事を集めました。カンジャンケジャンの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

新鮮な国産ワタリガニのカンジャンケジャンが、なんと約千円で食べ放題

[2015/02/05] 金光英実

おいしさを表現する韓国の諺に「2人で食べていて1人が死んでも気付かない」というものがあります。カンジャンケジャンのおいしさは、1人どころか何人死んでも気付かないほどでしょう。身の引き締まったワタリガニの甘くてとろりとした味わいは、一度食べたら忘れられないはず。韓国人も大好きな料理ですが、高級なので頻繁に食べに行けません。せっかく食べるのならおなかいっぱい食べたい、最低でも1人2杯は堪能したい。そんな方は今すぐカンジャンケジャンの食べ放題「オンギコッケジャン」へ行ってみて。 続きを読む



大食漢も酒飲みも大満足、ヘルシー度ナンバー1のサムパブ料理でおいしく健康に

[2013/04/15] 金光英実

新沙駅4番出口を出た付近一帯は、食べ物横町になっています。特にカンジャンケジャンが有名ですが、アグチム(アンコウの辛煮)やチョングクチャンなど、家庭料理が食べられる店もたくさん並んでいます。サムパブ店のすぐ前には「ソソカルビ」という有名なカルビ店もありますし、サムギョプサルや刺身、ホルモンなど、安くておいしい庶民の店がいくらでもあります。日本人向けガイドブックに載っていないようなジモティ専門店が必ず見つかるはずです。 続きを読む



暑い夏こそ鍋で暑気払い。新鮮な魚介類たっぷりのヘムルタン(海鮮鍋)で夏バテ防止

[2009/07/16] 山崎裕子

さっそく、私も“評判”のヘムルタンを注文してみます。まずは、あっという間にいつものごとく、サービスで出されるおかずが、テーブルを埋め尽くします。新鮮な渡りガニを醤油に漬け込んだ、絶品カンジャンケジャンも1年中食べることができるのも、さすが海鮮専門店です。店の自慢のヘムルタンは、鮮度のいい魚介類を使っているのは基本中の基本ですが、同じ鍋に同居する野菜の新鮮さと鍋の味を決めるべき“秘伝のスープ”が日本人、韓国人、問わず魅了しているとのこと。 続きを読む



上海ガニに負けません!韓国では至福の「カンジャンケジャン」を味わってください

[2007/11/20] 山崎裕子

このカンジャンケジャンですが、有名なのは先に紹介した江南区にある新沙洞というオフィス街のある地域が有名ですが、明洞や南大門市場でも海産物を扱っている店でも食べることができます。人が大勢入っていて賑わっている店はだいたいはずれがありませんので、何はともあれ、食べてみてください。芳醇な味とトロットした極上の味は食べてみないとわかりません。韓国のカンジャンケジャンは通常5月〜6月が旬とされていますが、冬のこれからの時期もおいしいとされていますので是非、自分の舌で確かめてください。【関連情報】■「新沙洞… 続きを読む



お土産選びの注意点 「え、アレが持ち込めなくなったの?!」

[2007/06/22] 山崎裕子

まず、キムチはどんな形態であれ、持ち込むことができません。また、コチュジャン(唐辛子味噌)もチューブでもプラスチックケース入りでも持ち込みは不可です。ゆず茶など、瓶に入ったお茶類、ジャム、液状のレトルト食品も機内へは持ち込みはできません。渡りガニを醤油で漬け込んだカンジャンケジャンも隠れた人気のみやげ品ですが、当然のように機内には持ち込みが制限されるので、購入される方は、自宅からジッパー付きの袋や汁の漏れない容器を持参し、手荷物で預けるしかありません。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カンジャンケジャン」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。