「カンボジア、デザート」に関連する現地ガイド記事

「カンボジア、デザート」に関連する現地ガイド記事

カンボジア、デザートに関する現地ガイド記事を集めました。カンボジア、デザートの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ミャンマーで何を食べる? お洒落なレストラン急増中

[2013/09/09] 田島みえ

ミャンマー料理というと思い浮かぶものは何でしょう? タイ料理とインド料理の中間というのが、実際にここに生活していて感じる感覚。スパイシー&油っこいアジア料理が好きという方にはミャンマー料理はストライクゾーンだと思います。ダウンタウン辺りの屋台や小料理店で200〜300円も出せばお腹いっぱい食べられます。ちょっと静かに食事したいという時におススメなのが、ヤンゴンの真ん中に位置するガンドージ湖の西側にある「Signature」。11月〜1月は乾季で外席で緑と湖を眺めながら食事するのに最適のオシャレな… 続きを読む



古典舞踊アプサラダンスを見ながらビュッフェスタイルの豪華なディナーを楽しもう

[2009/12/21] 井伊 誠

日中、カンボジア観光の目玉であるアンコール遺跡郡の観光を思う存分楽しんだら、次のおたのしみは夜ではないでしょうか。せっかく遊びに来たのだから、夜の時間も充実させたい。そんな方々のために、年々、観光開発が進むシェムリアップは、夜の楽しみの選択肢も増えてきました。そのうちのひとつが古典舞踊のアプサラダンス。この伝統舞踊を見ながらビュッフェスタイルの豪華なディナーを楽しめるお店をご紹介しましょう。 続きを読む



どれも一皿約35円から 「ボンアエムクマエ」でカンボジアのデザートを味わい尽くそう

[2009/11/11] 井伊 誠

カンボジアのガイドブックを開いてみると、色とりどりの南国らしいさまざまなデザートが紹介されています。ところが「カンボジア料理と一緒に味わってみたいな」と思って、カンボジア料理のレストランに行っても、こうしたデザートはほとんどメニューにありません。それもそのはず。理由は不明ですが、カンボジアのレストランには甘味はほとんどなく、ガイドブックで紹介されているようなデザートは、デザート専門のお店や屋台で食べるものなのです。そんなデザートが食べられるお店をひとつご紹介しましょう。 続きを読む



ワットボー寺院近くの落ち着いた裏通りで静かな滞在を楽しもう

[2009/07/02] 井伊 誠

アンコール遺跡群の魅力が世界に伝わるにつれて観光インフラが整い、楽しみ方の選択肢が少しずつ増えてきたシェムリアプ。宿泊先も一泊5米ドルほどの安いゲストハウスから、優雅な気分でゆったりとした滞在を楽しめる高級リゾートホテルまでそろっています。夜も町を楽しみたいならオールドマーケットエリアやシボタ通り沿い、空港から近いところなら国道6号線の西側エリア、高級リゾートホテルならアンコールワット通りと目的や好みにあわせて選べます。そうした滞在エリアの選択肢のひとつとして、今回はワットボー通りをご紹介しまし… 続きを読む



シェムリアプのフルーツマーケットで南国の豊かな果物を思う存分味わおう!

[2009/06/24] 井伊 誠

1年を通してさまざまな果物が味わえる「フルーツ天国」のカンボジア。その魅力を覆う存分味わいたいという方は、フルーツマーケットに直行しましょう。日本ではあまりお目にかかれない果物や、日本ではとても高価な果物も、フルーツマーケットなら新鮮な果物が格安で楽しめます。日本人にも大人気のマンゴーは1キロ4000リエル(約1米ドル)程度、果物の女王様とも呼ばれ、魅力的な甘酸っぱさを讃えたマンゴスチンは1キロ約3000リエル(約0.75米ドル)、ジューシーな果汁がたっぷり詰まったライチは1キロ約4000リエル… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カンボジア、デザート」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。