「カンボジア、遺跡、山の上」に関連する現地ガイド記事

「カンボジア、遺跡、山の上」に関連する現地ガイド記事

カンボジア、遺跡、山の上に関する現地ガイド記事を集めました。カンボジア、遺跡、山の上の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

美しい夕日と遺跡見学が楽しめる!アンコール時代からの軍事拠点プノンクロム

[2009/05/28] 井伊 誠

アンコールワットなど、巨大な建造物を作り上げたアンコール王朝。12世紀、東南アジア世界のなかで最も強大な勢力を誇ったこの王朝ですが、勢力を拡大していくなかで、外からの攻撃も受けています。1177年には、現在のベトナムの中部沿海地方(北中部及び南中部を合わせた地域)に存在したチャンパ王国の侵攻を受け、王都アンコールを占領されています(その後アンコールは回復されている)。チャンパの水軍は、メコン川、トンレサップ川を遡ってトンレサップ湖に入り、そこからアンコールへ攻め込んだといわれていますが、こうした… 続きを読む



プノンペンから日帰りで行ける! 山の上にそびえるアンコール時代の遺跡を旅しよう

[2008/05/13] 井伊 誠

アンコール時代(9世紀から15世紀)の遺跡というと、ダントツに有名なのがアンコールワット。カンボジアがどこにあるかを知らなくても、アンコールワットのことは聞いたことがあるという人がいるくらい存在感のある遺跡です。そのアンコールワットを一目見ようと、世界各地からやって来る観光客でアンコールワットのあるシェムリアプ州はいつも賑わっています。ところで、アンコール時代の遺跡というと、アンコールワットの存在感が強すぎるせいか、シェムリアプ州にしかないと思われがちですが、じつはほかの地方にもあるんです。今回… 続きを読む



アンコール王朝創始の地プノンクーレンへ! アンコールの歴史をさかのぼる旅に出よう

[2008/01/17] 井伊 誠

世界各地からアンコールワットを一目見ようと、多くの観光客がカンボジアのシェムリアプ州を訪れます。アンコールワットは巨大(全体の大きさは東西1500メートル、南北1300メートル)であるにもかかわらず細部は精巧で、訪れる人たちを圧倒します。この類まれな宗教建築を生んだアンコール時代が、どこでどのように始まったのか、興味はありませんか? 今回はその謎を解明するてがかりとなる場所へみなさんをご案内しましょう。目的地はアンコール王朝創始の地と言われるプノンクーレン(クーレン山)です。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カンボジア、遺跡、山の上」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。