「カール・ペグラウ」に関連する現地ガイド記事

「カール・ペグラウ」に関連する現地ガイド記事

カール・ペグラウに関する現地ガイド記事を集めました。カール・ペグラウの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

旧東ドイツの最後の生き残り「立っている人」と「歩く人」信号物語〜アンペルマン〜

[2008/11/13] Kei Okishima

旧東ドイツの首都ベルリンに第一号となる信号機が設置されたのが1961年10月のこと。当時増え続けていた交通事故対策として、心理学者のカール・ペグラウが歩行者用の信号を考えることになり、誕生したのがこのアンペルマンであった。親しみやすさを念頭に置いて考案されたこのマークは人々にすぐに浸透した。数々の交通安全指導にもキャラクターとして登場し、活躍を広めていたこのアンペルマン。しかし彼らが危機に立たされたのが、ドイツ統一のときである。統一後、あらゆる旧東ドイツの物は西側の物と取って代わり、西側の商品が… 続きを読む



ドイツ発かわいいキャタクター★アンペルマン(AMPELMANN)

[2008/05/12] 西谷ゆうか

アンペルマン(AMPELMANN)は東ドイツで1961年カール・ペグラウ(Karl Peglau)氏が安全に対する高い効果が得られる様にと心理学に基づいて考案した歩行者信号です。1990年に東西ドイツが統一され、アンペルマンの信号機も次々に旧西ドイツの信号に取りかえられる予定でしたが「アンペルマンを残そう」運動が東側だけでなく西側でも起こり、今でも旧東側のベルリン(Berlin)やドレスデン(Dresden)の歩行者信号はこのかわいらしいアンペルマンのままなんです。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 カール・ペグラウ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。