「ガラベイヤ」に関連する現地ガイド記事

「ガラベイヤ」に関連する現地ガイド記事

ガラベイヤに関する現地ガイド記事を集めました。ガラベイヤの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

世界遺産なイスラミック・カイロを歩く!アズハル・モスク周辺の古い建物たち。

[2010/09/18] すまーふはなこ

■「アズハル・モスク」(Al-Azhar Mosque) お祈りの時間は入場不可。 女性は髪の毛をカバーしないと入場を断られることもあります。 服装は、ガラベイヤを貸してくれます。  入場は無料ですが靴を預ける場所にチップが必要です。■「モハメッド・ベイ・アブル・ダハブ・モスク」 入場料:25E£ 入場時間:8:30〜18:00(冬は17:00)■「ゼイナブ・カトゥンの家」(House of Zainab Khatun)、 「アブドル・ラーマン・エル・ハラウィの家」(Abdel Rahman E… 続きを読む



エジプト最大にして最高級なショッピングモール、スターズ・センター

[2009/09/17] すまーふはなこ

シティ・スターズの中に土産屋の多い市場「ハンハリーリ」をより洗練させたような一画「ハンハリーリ・トレジャー」があります!香水瓶、シーシャ、カルトゥ―シュのネックレス、エジプトの民族衣装であるガラベイヤやベリーダンスの衣装など、オーソドックスなエジプト土産のお店が並んでいます。しかしここは高級ショッピングモール「スターズ・センター」です!お店の人の勧誘もしつこくないし、置いてあるものも本場「ハンハリーリ」よりもきれいで洗練されています。 お値段は少々高い面もありますが、買いやすく、でも本場と同様お… 続きを読む



空いた時間に気軽にリラックス!カイロでファルーカに乗ってナイル河下り

[2009/08/17] すまーふはなこ

エンジンなしの、風だけが頼りで、帆を使って走るので、その日によってスピードが変わります。そのため風の無い日は、ファルーカが全然動かないこともあるのです!そのまま同じ場所でとまってしまい、必死になって漕ぐガラベイヤを着たおじさんに、つい同情して、怒るより応援してしまったり、行きはよいよい帰りはストップ!してしまい、他のエンジン付きの船に引っ張ってもらって帰ったなどのアクシデントも聞きます。常に風によってその日の状況が変わるので、風のある日を選んで乗ることをお勧めします! 続きを読む



憧れのナイル・クルーズで、ゴージャスにエジプトを旅する!

[2008/11/07] すまーふはなこ

ガラべーヤというのは、エジプトの伝統的な服で、だぼっとしたワンピースのようなものです。非常にカラフルで色鮮やかなガラべイヤを、老若男女みんなで身にまとい、ゲームをし、踊りまくります! お土産屋や、船内のショップで買った自前のものを着てもいいし、レンタルすることもできます。言葉がわからなくとも、異国の人々と意気投合できるチャンスです。ガラベイヤ、みんなで着れば怖くない!?参加不参加自由ですが、是非ガラベイヤを着て楽しんで下さい! 船によっては、エジプトの伝統的な踊りであるベリーダンスやスーフィーの… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ガラベイヤ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。