「ガンジー」に関連する現地ガイド記事

「ガンジー」に関連する現地ガイド記事

ガンジーに関する現地ガイド記事を集めました。ガンジーの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

インドネシアの若手デザイナーが競い合う、人気セレクトショップに行ってみよう!

[2009/10/20] 田尾蓮果

店内はさほど広くないが、Tシャツをメインに、タンクトップやサンドレス、チュニック、ワンピース、バッグ、アクセサリー、サングラスなどがずらりと並ぶ。特にTシャツはメンズ、レディスともにほかではなかなか見かけないユニークなデザインのものが多く、一枚一枚見ているだけでも楽しくなってしまう。お値段の方も良心的で、Tシャツは一枚1,000円〜1,500円ほどで買うことができる。これはスミニャックのブティックの中ではかなり低めの料金設定だ。安いので、おもしろいデザインのものを家族や友だちへのお土産にまとめ買… 続きを読む



マハートマー・ガンジーを偲ぶ。ガンジー・スムリティ博物館

[2009/07/06] 鈴木千晶

建物内にはガンジーが実際に住んでいた部屋や、使っていた家具もそのままに残っています。ガンジーは、1948年1月30日、この邸宅の中庭でヒンドゥー原理主義の青年に暗殺されました。ガンジーが使っていた部屋から中庭までは、足跡が印されています。ガンジーはその日夕刻、夕方の礼拝のために中庭へ出て、そして凶弾に倒れてしまいました。ガンジーが倒れたまさにその場所に、今は石碑が立ち、静かにガンジーのメッセージを伝えています。 続きを読む



映画の舞台【ガンジー】――ガンジーの街ムンバイへ

[2009/06/30] 大塚ばつ丸

ガンジーが青年弁護士として活動していた19世紀末の南アフリカはイギリスの植民地で、有色人種への差別が激しく、1等車に乗っていたガンジーは白人の車掌に3等車に移るように言われ、これを断ると列車からホームに放り出されてしまう。こんなこともあって、南アフリカでインド系移民の差別に対する権利回復運動に立ち上がったガンジーは1915年、46歳の時に同じくイギリスの植民地だった祖国インドへ戻って来る。当時のインドの玄関口はボンベイ(今の呼び名はムンバイ)ガンジーは船で帰国し、ムンバイでインドの土を踏む。 続きを読む



シェフは元一流ホテルの総料理長!芸術的な料理を家庭的なレストランで!

[2008/10/24] バレンタ愛

シェフのJosefさんのお料理を味わったセレブの面々がまたすごい! インドのガンジー首相、カーター、ビル・クリントンなどの元アメリカ大統領、フィリピンのマルコス大統領、中曽根、橋本元首相など各国の政治家をはじめ、ヨーロッパの王族、ソフィア・マルソー、エルトン・ジョン、ジョン・レノン&オノ・ヨーコさんなどのアーティストまで。2002年に日本で行われたワールドカップの時も活躍されました。世界中で数々の賞も受賞しています。そんな数々のセレブ達が味わってきた素晴らしいお料理がここウィーンで食べられるので… 続きを読む



人生で一番美しい自分を演出したい!だったらウエディングドレスはオーダーメイドで

[2007/11/27] 山崎裕子

ウエディングドレスというと、とても高価で大掛かりで豪華な刺繍や装飾を付けたら値段もそれなりで…と躊躇しがちですが、韓国では、サテン、オーガンジー、ミカドシルクなど素材にもよりますが、完全オーダーで縫製したドレスでも150万ウォン(約18万円)ぺチュコート、グローブ、ベール(すべてオーダー制)を付けても200万ウォン程度(約24万円)とかなりリーズナブルに作れてしまうのです。これは日本でレンタルする金額よりも安いかも知れません。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ガンジー」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。