「キャンドル」に関連する現地ガイド記事

「キャンドル」に関連する現地ガイド記事

キャンドルに関する現地ガイド記事を集めました。キャンドルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

デンマークの新しいトレンドをチェック! デザインマーケットFindersKeepersに行ってみよう!

[2018/10/19] MizukiPoulsen

レトロでカラフルなアートスカルプチャーを作るコペンハーゲン在住のSigrid Buusさん。スタッキング・スカルプチャーという名前のシリーズは、全部ビンテージのリサイクルパーツでできています。フリーマーケットや、ビンテージショップで集めたパーツがSigridさんの手でユニークな彫刻に。よく見ると、古い花瓶、ガラスのランプシェード、キャンドルホルダー、ランプの金属パーツ、家具の一部の木材でできているのがわかります。www.sigridbuus.com 続きを読む



あこがれの北欧デンマークのデザイン。コペンハーゲンのデパートMagasinで見つけよう!

[2018/06/09] MizukiPoulsen

コペンハーゲン拠点の MOEBEは、家具職人と建築家の2人による北欧デザインブランド。2014年に設立されました。MOEBEのデザインはとてもシンプルで機能的。各アイテムはその役割が果たせる一番シンプルな形をしています。たとえば、デンマークでヒットしている吊るす額縁。フレームは四編のオークウッドとアルミニウムに、透明の軽いアクリルガラ。押し花のように見えるスタイリッシュなフォイルプリントも別売りしています。その他、ミラー、キャンドルスタンド、テーブル、ライトなどあり。WEB:moebe.dk 続きを読む



インパクト大!大仏を拝みながら食す!?高雄の鍋レストラン「天水王月(テンシュエユエ)」

[2017/12/04] 中園 まりえ

店内正面にある大仏様のお顔の反対側には、大仏様の手でしょうか?巨大な黄金の手が、天井を支えるかの様にそびえ立っています。中央に流れる川の上には、キャンドルが灯り、特にスモークが立ち込め、より一層神秘的な雰囲気を醸し出しています。また、店内にある小さな大仏の顔のモチーフがズラリと並んだ壁は、SNS映え間違いなし!鍋を食べ終わったら、ゆっくり店内を見て回るのも、一種のアミューズメントパークの様な感覚で面白いと思います。二階から見る景色はまた格別なので、店員さんにお願いして見に行ってみて下さいね♪ 続きを読む



旧都を巡る旅を。世界遺産都市「フエ」

[2017/10/28] 古川 悠紀

ベトナムをイメージするシンボルとしても人気高い「ノンラ―」の三角菅笠。このノンラ―の特産地がここフエです。さらに仏教で寺院参拝に使う線香もこのフエが一大産地となります。ノンラ―はベトナム雑貨の土産としても定番で、部屋に飾れば南国インテリアとしてエスニックな雰囲気に早変わりです。また、線香もお土産用にフルーティーな香りがするものも売られているので、アロマキャンドルの代わりに買いそろえるのもいいでしょう。 続きを読む



チーズの名所でチーズ三昧! Koeien en Kaas

[2017/09/29] ミツフィ

日本ではお値段が張るゴーダチーズ。チーズの産地に来たのならこの際楽しまない手はありません。ゴーダはチーズの他に、ストロープ・ワーフェル(ストロープワッフル)というお菓子やキャンドルも有名で、オランダの代表的なお土産の原産地でもあります。ゴーダ観光と本場のお土産ショッピングの後は、Koeien en Kaasでチーズ料理やオランダ牛のステーキを堪能してみてはいかがでしょうか。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 キャンドル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。