「キャンドル」に関連する現地ガイド記事

「キャンドル」に関連する現地ガイド記事

キャンドルに関する現地ガイド記事を集めました。キャンドルの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

インパクト大!大仏を拝みながら食す!?高雄の鍋レストラン「天水王月(テンシュエユエ)」

[2017/12/04] 中園 まりえ

店内正面にある大仏様のお顔の反対側には、大仏様の手でしょうか?巨大な黄金の手が、天井を支えるかの様にそびえ立っています。中央に流れる川の上には、キャンドルが灯り、特にスモークが立ち込め、より一層神秘的な雰囲気を醸し出しています。また、店内にある小さな大仏の顔のモチーフがズラリと並んだ壁は、SNS映え間違いなし!鍋を食べ終わったら、ゆっくり店内を見て回るのも、一種のアミューズメントパークの様な感覚で面白いと思います。二階から見る景色はまた格別なので、店員さんにお願いして見に行ってみて下さいね♪ 続きを読む



旧都を巡る旅を。世界遺産都市「フエ」

[2017/10/28] 古川 悠紀

ベトナムをイメージするシンボルとしても人気高い「ノンラ―」の三角菅笠。このノンラ―の特産地がここフエです。さらに仏教で寺院参拝に使う線香もこのフエが一大産地となります。ノンラ―はベトナム雑貨の土産としても定番で、部屋に飾れば南国インテリアとしてエスニックな雰囲気に早変わりです。また、線香もお土産用にフルーティーな香りがするものも売られているので、アロマキャンドルの代わりに買いそろえるのもいいでしょう。 続きを読む



チーズの名所でチーズ三昧! Koeien en Kaas

[2017/09/29] ミツフィ

日本ではお値段が張るゴーダチーズ。チーズの産地に来たのならこの際楽しまない手はありません。ゴーダはチーズの他に、ストロープ・ワーフェル(ストロープワッフル)というお菓子やキャンドルも有名で、オランダの代表的なお土産の原産地でもあります。ゴーダ観光と本場のお土産ショッピングの後は、Koeien en Kaasでチーズ料理やオランダ牛のステーキを堪能してみてはいかがでしょうか。 続きを読む



香りで幸せを運ぶラデュレの紅茶とキャンドル専門店

[2017/09/24]

店内にはさまざまな香りがあるので、それぞれにガラスのクロッシュが被せられています。クロッシュの中は香りが充満していますので、気になるキャンドルや紅茶があったらそのクロッシュを取り、香りを堪能します。正面から入って右手はキャンドルとルーム・パルファンの棚。他にもお香やマッチもあります。因みにマッチといえどもここのものは一工夫されています。一般的にはマッチはただ火を付ける役割を果たすだけですが、ここのマッチは擦ったらさまざまな香りがするのです。香りはキャンドルのようにさまざまな種類があるので、お揃い… 続きを読む



17世紀オランダ発祥のお酒「イェネーファ」

[2017/09/07] テメル華代

アムステルダム滞在中にイェネーファを飲むなら、地元の人がお酒を片手にお喋りを楽しむブラウンカフェがお勧めです。ダム広場の裏手に立つ「デ・ドリー・フレッシェス(De Drie Fleschjes)」は360年続く老舗で、公式HPによると“1650年の開店パーティーには、画家レンブラントや名将デ・ロイテル、詩人ホイヘンスや哲学者スピノザなど、オランダの黄金時代を代表する豪華な顔ぶれが集った” のだとか。傾きかけた建物が歴史を物語り、店内にはキャンドルやランプの暖かい灯りがゆらぎます。床に掃除用の白砂… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 キャンドル」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。