「キュビズム、建築、プラハ」に関連する現地ガイド記事

「キュビズム、建築、プラハ」に関連する現地ガイド記事

キュビズム、建築、プラハに関する現地ガイド記事を集めました。キュビズム、建築、プラハの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

チェコで必見のモダニズム建築・トゥーゲントハット邸

[2012/07/23] 有賀みかる

チェコに来て、何がはずせない?と人に聞かれたら、迷わずビールと建築、と答えます。どちらも世界一!と胸を張って誰にもお勧めできるチェコの自慢ポイントだから。「建築博物館」と称されるプラハ以外にも、小さな国にも関わらず地方にまで面白い建築物がぎっしり詰まったチェコ。それでもチェコ国内でNo.1の建物を、と言われたら、チェコ第二の都市、ブルノにあるトゥーゲントハット邸をあげないわけにはいきません。民主化後の2度目の長い改築工事を今春ようやく終え、待ちに待った一般公開が再開された世界遺産の建物に再訪がか… 続きを読む



プラハっ子に人気のお散歩コース!伝説発祥の地ヴィシェフラット

[2009/05/11] 有賀みかる

プラハもだいぶ暖かくなり、お散歩や屋外ビールが美味しい季節になりました。この時期プラハっ子に人気のお散歩コースのひとつがヴルタヴァ川を見下ろす高台にあるヴィシェフラットと呼ばれる城跡の辺り。ここはプラハ、ボヘミア王朝発祥伝説で有名なリブシェという王女が住んでいたとされる場所。作曲家スメタナはこのリブシェをオペラのテーマにもしているし、『モルダウ』で有名な交響詩『我が祖国』の第一楽章のテーマでヴィシェフラットを取り上げています。この主題のメロディが鐘の音となって実際に毎時流れていたり、チェコラジオ… 続きを読む



ヴェレトゥルジュニー宮殿でチェコの現代アートを堪能しよう!

[2009/04/17] 有賀みかる

外国を訪れたら必ず美術館を訪れるというアートファンの方には、小さいながらプラハは見所盛りだくさんな街。じっくり見たら数時間はかかる大きな美術館からこぢんまりしたギャラりーまで様々ですが、国立美術館だけでも1箇所に収まらず、プラハ城周りや旧市街を中心にあちこちの建物に分かれて所蔵されています。その中でも19〜21世紀の主に絵画コレクションを所蔵しているヴェレトゥルジュニー宮殿は、その建物自体が価値あるもの。1951年まで見本市会場として使われていた宮殿で、1925〜29年に建てられたプラハで最初の… 続きを読む



ちょっとお洒落なビア・レストラン、Potrefena Husa

[2008/09/11] 有賀みかる

ビール大国のチェコ、ひとくちにビア・ホールといっても様々なタイプがあります。どこもビールに関しては、たいてい安くて美味しいのがチェコのすごいところですが、古くからのビア・ホールはお料理の種類が今ひとつ少ない、というところも。チェコ人はゴハンは家で食べ、外ではひたすらつまみも食べずビールを飲み続ける、というのが一般的な飲み方だからです。でも今回紹介するPotrefena Husaは、チェーン店でありながらビールとお料理、どちらも目一杯楽しめるビア・レストランで、観光客だけでなく地元の若い人でいつも… 続きを読む



プラハのキュビズム建築探検はここから―「黒い聖母の家」

[2008/05/27] 有賀みかる

美味しくて安いビールに美しい中世からの街並み、お城、音楽…チェコの魅力はいろいろあれど、絶対にハズせないものをひとつだけあげるとしたら、それはキュビズムの建築! なぜなら世界広しといえど、この様式の建築はチェコにしかないからです。しかもキュビズム建築は20世紀初めのわずか10数年のブームで、アールデコや機能主義建築にとって代わられた期間限定作品。そんな珍しいスタイルがまとまって見られるのがプラハの街。中でもキュビズム博物館のあるこの「黒い聖母の家」、通称「ブラック・マドンナの家」は、上から下まで… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 キュビズム、建築、プラハ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。