「ギリシャ、伝統行事」に関連する現地ガイド記事

「ギリシャ、伝統行事」に関連する現地ガイド記事

ギリシャ、伝統行事に関する現地ガイド記事を集めました。ギリシャ、伝統行事の情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

ギリシャらしい秋の伝統行事。町の守護聖人のお祭り

[2010/09/22] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャらしいお祝いごとの一つで、誕生日よりも大切なお祝いとなっているのが、ネームデイです。ギリシャ正教では、毎年決まった日に各聖人を祝うことになっていて、ギリシャ人の名前はほとんどが聖人の名からとられています。そして子供の名は、基本的には祖父母の名をつけるのが習慣になっています、つまり有名な聖人の場合、同名の人々があちこちにたくさんいる、ということになります!今回は秋から冬にかけての代表的なネームデイとして、10月26日の聖ディミトリオスの祝日、そして11月30日の聖アンドレアスの祝日を紹介し… 続きを読む



年に一度、パトラで祝われる聖アンドレアスのお祭り

[2009/09/28] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャでは、町や島ごとに守護聖人が決まっています。その守護聖人の祝日には、その町だけが祝日扱い となり、もちろん学校も大半のお店もお休み。観光するときにはカレンダーにかかれていない、この祝日に注意してくださいね。今回紹介する、パトラの守護聖人であるキリストの使徒聖アンドレアス。殉教の地パトラは聖地として祭られています。聖アンドレアスの祝日は、11月30日。この日は、ギリシャ全土から観光客が押し寄せ、教会に入るのも列を作って相当待たないといけないので、見学も大変です。 とはいってもこの日しか味わ… 続きを読む



ギリシャの春は伝統行事が目白押し!

[2009/02/17] アリサンドラトゥー芳香

毎年カーニバルが終わった翌日は、「カサラデフテラ」(聖灰月曜日)と呼ばれる祝日です。この日から復活祭までは、お肉を断つ宗教上の習慣があるのです。そういうわけで、「カサラデフテラ」には誰もがシーフードや酢漬けオリーブ、タラモサラータ、パンというさっぱりした食事をいただきます。そして凧揚げをし、天気がよければ、野外でダンスをするお祭りなどへ出かけたりするのが恒例。2009年のこの祝日は3月2日です。最近はスーパーなどは開いていたりしますが、ショッピングなどはほとんどできない可能性があるので、注意して… 続きを読む



ギリシャで凧揚げをする日といえば、「カサラ・デフテラ」!

[2008/03/21] アリサンドラトゥー芳香

さんざん踊って食べて徹夜して遊んで…、と過ごす謝肉祭最終日の翌日は、打って変わった雰囲気の祝日、カサラ・デフテラ(聖灰月曜日)。「カサラ」とはきれいなという意味、「デフテラ」は月曜日。つまり「体も精神も清める月曜日」というような意味合いなのです。この日のお祝いには、伝統的に凧揚げをして遊び、ギリシャの伝統音楽に合わせて踊ったりして、この日独特の食事を楽しみます。この日の食事が独特な理由は、復活祭に向けて約40日間続く、お肉などの血の通ったものを食べないという断食期間の初日に当たるためです。もとも… 続きを読む



ギリシャの新年の過ごし方、そして…かかせないケーキ「ヴァシローピタ」を切る!

[2008/01/15] アリサンドラトゥー芳香

ギリシャの新年の儀式のようなものといえば、ヴァシローピタと呼ぶケーキを切ること! このケーキ、家の大黒柱であるお父さんが切るのが伝統で、最初の一つ目はキリストに、二つ目はその大黒柱のお父さん本人へ、三つ目は貧しい人々に、などと切り分ける手順が一応あります。なんだか日本で仏壇にお供えするのに似てますね! 会社などでも仕事始めにこのケーキを切る習慣があります。ケーキはバターと小麦粉がたっぷりのどっしりした生地に粉砂糖がかかっていて、上には新年おめでとうなどと書かれています。この時期にギリシャを旅行す… 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 ギリシャ、伝統行事」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。