「クラシック」に関連する現地ガイド記事

「クラシック」に関連する現地ガイド記事

クラシックに関する現地ガイド記事を集めました。クラシックの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

湖のほとりでオランダ名物パンネクックを

[2017/09/04] ミツフィ

パンネクックのメニューはスタンダードなものから食事系まで様々。トータルでゆうに200種類近くはあるでしょう。クラシックな形式は、粉砂糖、バター、ストロープと呼ばれる黒蜜のようなシロップをかけて食します。りんごやレーズンのトッピングもお勧めです。食事系のクラシックは、ゴーダ・チーズやハムのトッピングなどでしょう。モダン・スタイルはピザ形式や、スモークサーモンやをトッピングしたもの、さらにはインドネシアン・テイストやメキシカンなど斬新な組み合わせもあります。バリエーションがあまりにも豊富で、どれを選… 続きを読む



ナショナルトラスト管理のマナーハウスで英国庭園を愛で、アフタヌーンティーを頂く優雅な休日

[2017/08/15] マチルダ

今回は、コッツォルズに位置するナショナルトラスト管理、ハイドコートへ向かいました。平日ですが駐車場には、オープンカーやクラシックカーなど多くの車が。老後生活を楽しんでいそうな英国人夫婦の方々を多く見かけました。受付で会員証を提示し広大な敷地の中へ。地図を忘れずにもらっていくと便利です。藤が綺麗に壁につたって咲いており、ハニーストンの建物に映えます。広いキッチンガーデンには、野菜、果物、ハーブが育てられています。敷地内には森もあり、森林浴も楽しめます。そしてお待ちかねの、英国ガーデン。チューリップ… 続きを読む



ウィーンばかりでないオーストリアの魅力 / リンツへ行こう!

[2017/08/07] Hiromi

クラシックファンなら、アントン・ブルックナーが好き、という人も多いであろう。1824年、リンツの南およそ15キロのアンスフェルデンで生まれたブルックナーは16歳になってリンツへ出てくる。その後教師をしながら教会でオルガンを弾くなど、44歳でウィーンへ移るまでリンツで活躍していた。リンツには20世紀前半に完成した巨大な新大聖堂Neuer Domがあるが、ブルックナーは当時唯一の大聖堂、中央広場角に建つ旧大聖堂のオルガニストだった。旧大聖堂Alter Domの中にはブルックナーが弾いていたオルガンが… 続きを読む



世界遺産ジョージタウンにたつ、数奇な歴史を歩んだコロニアル調のプチホテル

[2017/07/12] 古関千恵子

歴史的建造物を丁寧に修復し、2016年7月にオープンしたヒストリカルホテル。化粧漆喰が美しい英国コロニアル調のファサードをくぐりぬけ、館内へ一歩入ると、クラシックとモダンがミックスしたヒップなデザインが広がります。スコットランドのグラスゴーから取り寄せた柱やアイアンワーク、1カ月かけて100回も塗り重ねたというオリジナルの扉など、修復に時間をたっぷりかけ、本物ならではの美しさが再現されています。大理石の床にほどこしたタイル柄もトラディショナル。そんなクラシカルな風情の中に、ネオンイエローやブルー… 続きを読む



モダン・デザインを結集した博物館で現代デザインを体感!

[2017/07/11] ディキンソン恵子

デザイン・ミュージアムに隣接するホランド・パーク内は、散策にピッタリ。お天気が良い日は、ぜひ公園でのんびり過ごしてみてください。公園内では、毎年夏に野外オペラやクラシック・コンサートが行われたり、高級レストラン「ベルヴェデーレ」や格安ホテルもあり、それぞれ目的別に公園を楽しむことが出来ます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 クラシック」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。