「クラシック」に関連する現地ガイド記事

「クラシック」に関連する現地ガイド記事

クラシックに関する現地ガイド記事を集めました。クラシックの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

誰もが憧れる一度は泊まってみたいホテル・ザッハー・ウィーン

[2018/03/14] Hiromi Okishima

客室は全体の半分近くがスイートなので、どの部屋も広い。インテリアは様々なタイプがある。ダーク調のクラシックな部屋はむしろ男性向け、細かい花柄の可愛らしい部屋は女性向けか。もちろん誰がどの部屋を使おうとも満足がいくであろう。大理石の浴室にはバスタブとシャワールームの両方が備わり、アメニティの全てにザッハーのロゴ、Sの文字が見られる。上階には宿泊客が誰でも利用できるビジネスラウンジがあり、パソコンやプリンターが数台設置され、飲み物やお菓子のサービスが受けられる。ザッハーに泊ると、一日中ホテルの中で過… 続きを読む



ミシュラン・シェフがプロデュース!フリッツ・アトリエ

[2018/02/27] ミツフィ

ポテトは数多の品種をテイスティングした結果、選ばれたのはゼ―ランド産のポテトです。もちろん冷凍ではなく、全て新鮮なポテトをアトリエで揚げています。多種多様なフリッツソースは全てアトリエの自家製で無添加。基本のフリッツには2種類のソースが選べます。人気のトリュフのソースはすぐにストックが切れるので、できれば確保しておきたいですね。基本のフリッツの他には、メキシカン風やサテソースのトッピング、更には季節のトッピングも要チェックです。特にクラシック・フランドル・ビーフシチューのトッピングは要チェックで… 続きを読む



ガストン・アクリオのセビチェリア「ラ・マール」

[2018/01/14] 原田慶子

セビーチェやティラディートを始め、パパ・アマリージャ(黄色いジャガイモ)をマッシュしたカウサやフライ系、炭火焼、ライス系などメニューはさまざま。定番スタイルのセビーチェが食べたい向きは「CLASICO(クラシック)」を、ガストンらしいオリジナリティあふれる味を求めるならそれ以外から選ぼう。迷ったら「DEGUSTACION(デグスタシオン)」をどうぞ。その日の魚を使ったシンプルなセビーチェ、タコや魚介の「ミックス」、カツオをタマリンドソースで和えた「ニッケイ」の3種類を味わうことができる。異なる味… 続きを読む



老舗カフェConditori La Glaceでデンマークのレイヤーケーキを食べよう♪

[2017/12/10] MizukiPoulsen

おとぎの国デンマークを訪れたら、甘党さんにオススメしたいコンディトリ・ラ・グラス(Conditori La Glace)。コペンハーゲン市内にある、クラシックな老舗パティスリーカフェです。創業1870年。デンマークで一番古く、店内は19世紀デンマークのシックなアンティークに囲まれすてきな雰囲気。お店は地元の女性を中心に、旅行者の方にも人気でいつも活気にあふれています。街の真ん中で思い出に残るお茶とケーキ、いかがですか? 続きを読む



伝統的なコンサートハウスで世界トップクラスの音楽を楽しむ〜Wiener Konzerthaus〜

[2017/10/30] バレンタ愛

Wiener Konzerthausではクラシック音楽だけではなく幅広いジャンルの音楽が楽しめます。ジャズやコンテンポラリー、そして家族連れ&子供向けのコンサートもあり。オーストリア国内だけではなく、世界中から様々なジャンルのアーティストが集まり、コンサートやイベントを開催しています。日本の「鼓童」コンサートも2018年2月に開催予定。クリスマスや大晦日にはスペシャルコンサートも企画され、毎年たくさんの人が楽しんでいます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 クラシック」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。