「クリスマスツリー、オーナメント」に関連する現地ガイド記事

「クリスマスツリー、オーナメント」に関連する現地ガイド記事

クリスマスツリー、オーナメントに関する現地ガイド記事を集めました。クリスマスツリー、オーナメントの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

黄金の天使が市開場を宣言するニュルンベルクのクリスマスマーケット

[2015/10/22] 沖島博美

 世界で最も有名なクリスマス市と言われているニュルンベルクのクリスマスマーケット。規模の上ではドレスデンなど大掛かりな町もあるが、ニュルンベルクカラーである赤と白のストライプの屋根で統一された整然と並ぶ屋台、そこで売られている品物の質の高さ、センスの良さなど、観光客が一番行きたいマーケットになっている。開場式は第1アドヴェントの前の金曜日に行われる。年によって日が変わるが11月最後の金曜日だ。夕方6時から始まる開場式を見ようと、マーケットが開かれるハウプトマルクトには身動きが取れないほどの人が集… 続きを読む



ハンガリーのクリスマス

[2014/10/26] Hiromi

 キリスト教の祭りはハンガリーでは盛大にとり行われる。西暦1000年にキリスト教が国教となった長い歴史があることから敬虔なキリスト教信者が多い。クリスマスはキリスト教の最も大切な行事。日本のようにちょっと浮かれたクリスマス気分とは異なり、ハンガリーの人たちは厳粛な気分でクリスマスを迎える。その迎える準備に欠かせないのがクリスマスマーケットだ。通常は11月末から始まるマーケットだが、観光客が多いブダペストでは、それより1週間ほど早くから開かれている。市内のいくつかの広場や通りでマーケットが開かれる… 続きを読む



スコットランドの漁港、オーバンを訪ねて

[2014/08/20] メアリー

スコットランドに来たら、ハイランド(北部)訪問は外せません。エディンバラやグラスゴーのローランド(南部)とは違った手付かずの自然が多く、内陸部ではインバネスやネス湖、グレンコーなどが有名です。他に、小さな島々や海岸線の景色を見られる西海岸線は人気スポットで、スカイ島やハリス島はよく知られています。今回ご紹介するオーバンも漁港として、また近隣の島々への拠点として賑わっている街です。標識には、ゲール語が表示されエディンバラとは違った雰囲気を味わえます。小さな街なので徒歩で巡ることも可能です。 続きを読む


ブダペストのクリスマス市 大きなアドヴェントカレンダーを見に行こう 

[2010/12/14] ケイ

12月の暗い夕方、大通りの木々に細かい電燈が煌めく。この町ではホテルで流れているBGMもミサ曲が多い。日本でポピュラーなクリスマスソングは滅多に耳にすることがない。この時期にハンガリーを訪れると、ここが敬虔なカトリックの国であることがよく判る。今ではヨーロッパのほとんどの国で見られるようになったクリスマス市。観光客が集まる大都市では、クリスマスツリーのオーナメントと同じくらい土産用の小物もたくさん並んでいる。そんな中、ブダペストのクリスマス市は珍しく観光客相手というよりも地元の生活に密着した市だ… 続きを読む



季節限定のイルミネーション!「ホノルル・シティ・ライツ」

[2010/10/22] 綱島モミ

南国ハワイでも冬のホリデーシーズンには、街がきらびやかなイルミネーションで彩られます。特に有名なのが「ホノルル・シティ・ライツ」と呼ばれる、ホノルル市庁舎(ホノルル・ハレ)近辺のイルミネーション。2010年は、12月4日(土)から始まり、約1ヶ月間ほど続きます。初日には点灯式があり、市庁舎前の沿道は多くの人で賑わいます。この点灯式では、例年、ハワイアン・ミュージックのコンサートや、エレクトリック・ライト・パレードも行われます。 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 クリスマスツリー、オーナメント」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。