「クリームチーズ」に関連する現地ガイド記事

「クリームチーズ」に関連する現地ガイド記事

クリームチーズに関する現地ガイド記事を集めました。クリームチーズの情報やイベント情報や今話題のグルメ、旬のおすすめ情報など季節ごとに現地での楽しみ方をご紹介します。あわせて気になる海外ツアーもご紹介!

LAの食文化がわかる話題のマーケット

[2017/06/14] 大山真理

最後にご紹介するのは、ユダヤ料理のデリ「Wexler’s Deli(ウェクセラーズ・デリ)」。ここは、店内で肉や魚を塩と企業秘密のスパイス漬けにして、リンゴの木のチップで、時間をかけて毎日燻製することで、一躍人気店に。おすすめは、ユダヤ料理の代表、ロックスとよばれる自家製スモークサーモンとクリームチーズをはさんだベーグル。毎日2回も燻製するパストラミも、大人気。ロックスもパストラミも、注文をうけてから目の前で切り分けてくれるから、手作り感いっぱい。 続きを読む



知っているようで知らない?!フィンランドのスーパーマーケットでのお土産ショッピングの裏技

[2016/11/12] 靴家さちこ

フィンエアーを利用して北欧を周る旅行者の皆さんには、最終目的地がヘルシンキという人も少なくはないでしょう。実はフィンランドでも、お隣スウェーデンのLEKSANDSのクリスプブレッドや、中にクリームチーズが挟んである食べきりサイズのWASAのクリスプブレッドも売っています。スウェーデン王室御用達のMarabouチョコレートもありますし、お洒落なデザインで有名な液体ソープBliwも販売されています。同じ近隣国でもデンマークものだとDaimチョコレートですとか、ノルウェーなら一部のクリスブレッドだけ、… 続きを読む



ヘルシンキで今話題の、新しい”日芬”フュージョン料理が楽しめるランチカフェ「水」

[2015/06/23] 靴家さちこ

さてこのランチカフェが誇るメインメニューは、「HOKUO ROLL(北欧ロール)」という巻き寿司です。具はツナとカニカマ、グラーヴィロヒと呼ばれる生サーモンの塩漬けとフィラデルフィア・クリームチーズに、なんとミートボールとパプリカまで!さらにはエビとコリアンダー、チリ味のチキンなどと、実にユニークな組み合わせです。それだけではありません。14種類のネタから4種類まで自由に組み合わせたり、0.5〜1.0ユーロでネタの追加オーダーをすることもできます。これは全く新しい”北欧産巻き寿司体験”です。 続きを読む



オーガニックパン屋がオープンしたこだわりのBAR ”BAGAUDA”

[2014/11/18] 鈴木美佐子

ピンチョスといってパンの上に具がのったオープンサンドの種類も豊富で、カウンターに常に並んでいます。ランチや夕食時間前が一番種類も多くなるので、ピンチョスを食べたい人はその時間を狙っていくのがお勧めです。(もちろんピンチョスで使われるパンも美味!)定番の生ハムやスペインオムレツなどのほかに、サーモンのイチジククリームチーズなど鰯のマリネトマトジャム&チーズなど新しい味わいも楽しめます。 続きを読む



本場のモントリオールベーグルが味わえるカフェ「ST-VIATEUR」

[2013/10/26] 佐々木 まゆ

今回オーダーしたのはスモークサーモンを使ったサンドイッチ。ベーグルはもちろんお店の手作り&焼き立てを使用。好みのベーグルを選べるということで、スモークサーモンとよく合うセサミを選んでみました。窯で焼いた香ばしい焼き立てのベーグルは普通のベーグルとは格段に違います。ボリュームたっぷりのスモークサーモンとクリームチーズはセサミベーグルと相性抜群!サイドのサラダは何種類もあるサラダから選べ、カニカマのサラダをチョイスしてみるとこのボリューム! 続きを読む



 

このページでは海外旅行情報 エイビーロードに掲載されている「 クリームチーズ」に関する現地ガイド記事を掲載しています。
海外旅行情報 エイビーロードは日本最大級の海外旅行検索・比較サイトです。